アクティビティ

  • ひとり息子 が更新を投稿 2019年7月14日 2:16 PM

    皆様
    はじめまして。
    宜しくお願いいたします。
    72歳の父が膵癌と診断され3ヶ月前に手術(膵頭、門脈合併切除・再建
    )を行いました。
    その後、退院し、TS-1での治療計画を立てておりましたが、腹水が溜まったり、両足の浮腫がひどい状態だったため、通院と入院を繰り返しました。
    主治医からは点滴で栄養補給することで浮腫は良くなり、次の治療へ向かうことができると説明を受けておりました。
    しかし、数日前の血液検査の結果では、腫瘍マーカーの数値が術前の倍近くあり、来週から点滴で体力を少しでも高め、再来週からアブラキサンとジェムザールで治療することになりました。
    これより、皆様の投稿からお取り組みを学ばせていただきますが、ご助言いただければ幸いです。
    宜しくお願いいたします。

    3+
    • キノシタ さんが2日 4時間前に返信

      腹水はあるが、腹膜播種はないということでしょうか。TS-1をアブジェムに変更するのは、マーカーが上昇したからTS-1の効果がないと判断されたのでしょう。
      術後3ヵ月ならCTも撮っているはずですが、多臓器への転移などはないのですね。
      抗がん剤の効果を最大にするためには、患者の免疫力を高めることです。そのためには、
      1. 充分な睡眠をとる
      2. バランスの良い食事を規則正しく。タンパク質など栄養価の高い食事を
      3. できる範囲で定期的な運動をする。できれば筋力を付ける運動と有酸素運動
      4. ストレスを溜めないで、心の平穏を。
      が重要です。

      1+
      • ひとり息子 さんが2日 4時間前に返信

        キノシタ さま

        早々にご助言くださり、ありがとうございます。
        腹膜播種という言葉を初めて知りました。明後日の入院初日にCTを撮った結果を聞く際に確認してみます。
        短眠のため四六時中、居眠りを繰り返しており、大食漢だった以前からは想像できないほど食が細くなりました。(糖尿病ですが好きなものを好きなだけ食べていたのが、今は大人一人前の半分の半分程度で、直ぐにトイレに向かいます)
        介添がないと歩けないため(力が出ないと言っております)、ほぼ運動はできておりません。
        唯一、ストレスを軽減することから努めてまいります。
        引き続き、宜しくお願いいたします。

        1+
    • うとら さんが2日 3時間前に返信

      ご心配ですね。
      入院中ならリハビリもお願いできると思いますので相談なさってはいかがでしょう。アドバイスももらえるのでは?
      少しでも体力つけて抗がん剤に備えられると良いですね。

      1+
      • ひとり息子 さんが1日 10時間前に返信

        うとらさま
        ご助言くださり、ありがとうございます。
        できる限り備えたいと思います。

        1+
    • FIT393 さんが13時間 54分前に返信

      こんにちわ。

      腹水と浮腫の原因は判明しているのでしょうか?
      通常、TS-1 から GEM+nPTX に変更するのは、効果が疑われている場合なのですが、再発・転移は無いのですよね?それとも、医師がマーカー値によって再発の疑いを持っているのかな?
      マーカーと一口に言っても、炎症により上昇するものもあります。合併症によってマーカーが上昇しているのかも知れません。
      で、腹膜播種は小さいのでCTでは見えない(仮に影が写ったとしても確定出来ない)ことが普通です。
      お大事に。

      0