アクティビティ

  • ジョージ が更新を投稿 2018年10月20日 10:11 PM

     初めまして、ジョージと申します。
    2016年12月に膵臓がんと診断され、10日後には緊急オペしまして、まだ何とか生きてます。
     57歳の定年間近のおじさんです。もうしばらく闘病生活を継続予定です、よろしくお願いします。

    4+
    • うとら さんが11か月 1週前に返信

      はじめまして。
      夫と年齢(1961.3生れ)、告知(2016.11末)ほぼ同じですね。共に頑張りましょう!
      よろしくお願いします。 0

      1+
      • ジョージ さんが11か月 1週前に返信

        うとら様
        返信ありがとうございます。
        私は(1960.12生れ)なのでご主人とほぼ同じです。
        奇しくも告知まで同時期とは奇遇ですね。
        膵臓がん患者の中では、50代はまだまだ若いと思います。
        人生これからです。お互い頑張って生きていきましょう。

        0
    • キノシタ さんが11か月 1週前に返信

      働き盛りの大黒柱が膵臓がんになると、相当のストレスですよね。再発しないだろうかと心配にもなりますが、自分の生死よりもまず家族の生活が頭をよぎります。仕事を続けられるのか?治療費は?自分が逝ったあとの妻や子どもの生活は・・・。
      私が膵癌になったのは57歳。なんとかここまで乗り切って11年です。その秘訣は? 誤解を恐れずに書けば、「死ぬ覚悟を決めること。すべてはそれが出発点です」
      悩み事などもここでぶちまけてくださいね。 0

      3+
      • ジョージ さんが11か月 1週前に返信

        キノシタ様
        返信ありがとうございます。これからよろしくお願いします。
         キノシタさんの言われる通り、自分も心配ですが残す家族の今後がとても気になります。あわてて各種保険、退職金、会社の支援制度、遺族年金額など金銭面の確認をしました。
         11月までは傷病休暇、その後は会社の福祉制度(勤続年数により傷病休暇を延長)のお世話になります。
         「死ぬ覚悟」はオペ1年経過後に、何となく覚悟ができたようです。これも自分より、残す家族が心配だったりします。
        これから、悩み事等ありましたら相談させてください。よろしくお願いします。

        0
    • はじめまして。
      突然の癌告知に手術は晴天の霹靂ですよね。
      闘病生活の中に楽しい事見つけて生きましょう。
      宜しくお願いします。 0

      1+
      • ジョージ さんが11か月 1週前に返信

        甘エビガザエビ様
        返信ありがとうございます。
        体調が悪く、かかりつけの消化器内科クリニックで検査を受けました。すぐに市民病院に搬送され、膵臓がん告知されました。とても驚きました、普通に生活していたのに何で?自分が?
        楽しいことを見つけていきたいと思います。

        私の住んでる新潟は甘エビが取れて、とても美味しいですよ。

        1+