Akifumi

  • Akifumi が更新を投稿 2か月 2週前

    祖母は膵がん告知をうけ、膵頭十二指腸切除術の検討段階です。私は孫の立場ですが、膵癌についての情報収集をするうちに高齢者への上記の手術はQOLを大幅に低下させるリスクがあるのではないかと考えています。

    現段階では本人は手術を受けることが最善と考えているようなので、初めの治療がどのようなものになるかわかりませんが、手術を受けることになっても、その他の治療法(化学療法・重粒子線等)で進めることになっても、すい臓がん患者の家族として出来るだけ多くの選択肢を持っていたいと孫の私は考えています。

    闘病中の患者様、そのご家族の方たちのすい臓がん治療に対する考え方に触れられればと考えています。よろしくお願いします。

    4+
    • 運営管理者 さんが2か月 2週前に返信

      『膵臓がん患者と家族の集い』にも参加を申し込まれた方かと思いますが、多くの同病の患者、家族から情報を得てください。
      がんとの闘いには情報が武器になります。
      年齢にもよりますが、手術をすれば、あわよくば完治の可能性があり、でなくてもより長期に生存できると思います。
      ただ、高齢だと術後のQOLの低下は無視できないのですが、最近では90歳でも手術する例もあります。
      患者さんの体力と気力次第で判断することになりますね。

      1+
  • Akifumi は登録ユーザーになりました 2か月 2週前

    0