キノシタ

  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月14日 9:48 AM

    にっこうさんの覚悟を決めた生き様も、多くの方への励ましになっていると思います。
    毎日が輝いているように願っています。

    3+
    • にっこう さんが14時間 41分前に返信

      術後、満5年まで4ヶ月を切りました、5年生存率の胸突き八丁頑張り峠が見えて来ました、Pancafeに登録して励みになり寿命が数年延びたと思います、日々精進します、

      1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月14日 9:45 AM

    ときどきせん妄から抜けている間に、お話ができると良いですね。聴覚は最後まで残っていると言うから、貴重な時間を大切にしてください。
    yasuさんも無理をしないで、体調管理に気をつけてくださいね。

    0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月10日 9:01 AM

    十二指腸乳頭部がんを切除したが、膵臓に転移したということでしょうか。それとも、もともと膵臓にがんがあったのが、十二指腸に転移したのか。
    どちらにしても膵体部に数ミリの腫瘍が見つかった(数ミリで見つけるのもすごいことです)だけで、膵臓全摘とは穏やかではないですね。通常なら膵体部・膵尾部を切除して膵頭部は残す処置になると思います。
    実情がよくわかりませんから断定的なことは言えませんが、
    1.十二指腸乳頭部はがんだったのかどうか?
    2.膵体部の腫瘍は転移したものか、それとも別の膵臓がん(膵腺癌)なのか?
    3.膵臓全摘を勧めるのはどのような理由なのか?
    これらを主治医に確認する必要があると思います。
    さらに、納得できなければセカンドオピニオンを受けるべきでしょう。

    1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月7日 8:18 AM

    札幌はもう雪が降っているようですね。うまさんの献身的な介護には頭が下がります。
    亡くなった人を思うとき、その人はあなたの中に生きているのです。
    お母様についても、いまの宝物のような時間を大切にすることが、ともに良い人生を歩むことになるのだと思います。
    先々の心配事は絶えませんが、今一緒に温泉に行ける幸せは何にも代えがたいものですね。

    5+
    • うま さんが3日 15時間前に返信

      キノシタさん、ありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。
      献身的と言っていただけるほどのことは私はできていません。母のためになる勉強も優しさも足りません。できなかったことを悔やみながら翌朝のために無理矢理眠っている毎日です。
      ただ、病気がわかってからは、母はどうしていたとか二人で何をしたとか、振り返ることができる日が増えています。以前よりも大事に時間を使っている気がします。もっと早く気付くべきでした。

      0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月7日 8:10 AM

    ステージ3で多臓器への転移がなければ、抗がん剤や放射線で腫瘍が縮小して手術可能となる例が最近増えていますよ。重粒子線や陽子線でも効果がありますが、トモセラピーなどの最近機器でも可能です。国立がん研究センター中央病院では膵臓がんにメリディアンという装置を使っての臨床試験も始まっているようです。
    主治医と可能な治療法についてよく相談してはいかがでしょうか。

    0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月3日 7:31 PM

    抗がん剤をやめると、やはりがんは元気になります。
    増やさない程度に1/3の抗がん剤を続けるのがよいという医師の考えもありますね。もちろんその病気の特性によるのでしょうが。
    あっちを立てればこっちが立たず。がん治療は難しいです。

    0
    • 甘エビガザエビ さんが1週前に返信

      キノシタさんありがとうございます、
      やはり止めてしまうのは癌を元気にさせてしまうんですね。
      週末は母の米寿祝いの会があり、それが終わるまではなんとしてでも元気に居なければと思ってます。
      母が「お母さんより先に死なんといてね。」と言われ「わからないよ、そんな事は」と何気なく言ったら
      「○も亡くしてあんたも逝ってしまったらお母さんもう生きがいが無くなってしまう。お母さんを見送ってね」と言われました。兄を脳腫瘍で亡くしてるので
      母のためにも生き延びないとと思います。

      0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月3日 7:28 PM

    IPMNを軽く考えている医者が多いのでしょうね。
    がんの見落としもニュースで何度も報じられています。
    医師の能力もあるでしょうが、高齢化によってがん患者が増えている、しかも厚労省や政府は医療費を削ろうとして、そのしわ寄せが医療機関や医師、最後には患者にツケが回ってくるのでしょう。

    0
    • Milkypeco さんが1週 3日前に返信

      そうですね。軽く見られました。以前若い医師に、「IPMCは純粋な膵癌ではないね」、と言われました。がんに「純粋」も何もあるか!と呆れました。キノシタさんのように、最初に良い先生に巡り合いたかった。。残念無念。。ありがとうございました。

      0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年11月3日 7:22 PM

    いろいろと苦労できるのも、生きていればこそです。
    百まで生きたあと、どうやって死のうか、苦しみたくはないしなどと考えることができるのも、贅沢のうちかもしれません。

    2+
    • ぴのこ さんが1週 3日前に返信

      PCを使うようになり生存者の少なさに愕然としていてキノシタさんやハマリョウさんの存在にどれほどどうれしかったことか。
      生き抜くってしんどいです。

      1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月29日 9:15 AM

    リンパ節転移があって3年とは凄いですね。
    キイトルーダが使えることを願っています。
    目指せ、5年!!

    1+
    • ジョージ さんが2週 2日前に返信

      ありがとうございます。
       あと1年で60才定年になります。
      とりあえず、あと1年。
      次に5年生存目指します。

      1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月27日 5:07 PM

    血糖値をコントロールするための食事と運動。これが結局はがんにも効果のある食事ですね。
    私はHbA1cは5.8%、インスリンは持効型を朝だけ5単位です。最初は12単位までいきましたが、食事と運動で徐々に下がって、いまは5単位で済んでいます。
    もしかすると「インスリンからの離脱」も可能性があると、先生からは”期待”されています。
    膵臓がん切除患者でインスリンの離脱はあまり例がないそうなので、チャレンジする価値があるかもしれません。

    6+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月27日 5:01 PM

    おーぐっちゃんさん。
    ブログのご紹介、ありがとうございます。
    Gistは良性の場合も多いですが、悪性になると膵臓がんと同じように難治がんです。
    肝臓に転移したGistの画像を見たことがありますが、本当にまん丸の影で、それで膵臓がんの転移とは区別がつくそうですね。
    「あきらめる、そして頑張る」
    これも彼なりの達観した境地でしょう。それに到る思いも書籍に記されています。

    1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月24日 10:15 AM

    糖質の多い食事をしているとがんになりやすいというデータはありますが、がんになってしまってから糖質制限をしても死亡率には差がないようです。
    ただ、膵臓がんの場合はインスリンの分泌も減る傾向があるので、血糖値管理との意味でプチ糖質制限は必要かと思います。
    待夢さんも言われるように、がん細胞は他から糖質や栄養素をとってくるので、兵糧攻めをしてもがん細胞の前に患者が倒れてしまいます。
    私の場合は、退院してすぐから蕎麦や甘いものを食っていました。
    ご主人の考えでよろしいと思いますが、少し制限した方がよろしいかもしれません。

    1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月24日 10:09 AM

    まもなく5年ですからね。どんどん再発率は下がってきます。なあに、にっこうさんは大丈夫でしょう。

    2+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月24日 10:07 AM

    腫瘍マーカーが上がり、PET検査は結果が出るまで心配ですね。再発・転移でないことを祈っています。
    なんとかなるものは、なんとかする
    なんともならないものは、なりゆきに任せる
     
    しかないことは分かっていても、心が乱れます。
    再発予防には運動が一番効果的です。無理をしない程度に継続してください。

    1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月20日 10:10 AM

    脾臓を切除されたとは膵体部がんですね。私も同じで手術して12年ですが、退院翌日から仕事に復帰していました。
    生活のこともありますが、なんと言っても仕事を続けることは生きがいにもつながります。
    2年、3年目までは再発リスクが高いですから、運動、睡眠、バランスの良い食事などに気をつけるとよろしいでしょう。
    ジョコボさんも働き過ぎだったのでしょうか。
    私は仕事に対する考えも変えました。頼まれたら断れない性格でしたが、俺でなくてもいいことはやらない、「急ぎの仕事はあいつに頼め」と言われないようにする。
    ま、いい人を止めることですかね。家族と自分の時間を大切にするようにしました。
    それでなんとかなるものなんですよ。

    2+
    • ジョコボ さんが3週 5日前に返信

      はい、膵体部がんです。

      働き過ぎというのはあったと思います。
      頼まれたら断れないのもそうですし、誰かがやらなきゃいけないなら進んで引き受けたりもしていました。。

      今は休職中ですが、それでも会社は通常運転できているんですよね。
      (子供も小さく、育児が生きがいになっていて、育休みたいな感覚)

      復職しても、自分の健康、家族との時間を優先するようにします。

      ちなみに、仕事が嫌いだったわけではないので、復帰するのは楽しみです。

      0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月20日 10:01 AM

    告知後4年を迎えようとしてのまさかの転倒。くじけそうになる気持ちは分かります。
    体調が回復して一日も早く抗がん剤治療ができることを願っています。

    1+
    • JB さんが3週 4日前に返信

      キノシタ様、ありがとうございます。こんなふうになるなんて夢にも思いませんでした。間質性肺炎も調べれば調べるほど絶望してしまいます。本当に何とか、持ち堪えてほしいです。

      0
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月17日 8:28 PM

    1年とははやすぎですね。もっと長く共存できると思われたのも当然です。
    私の母は、やはり肺がんで「余命6ヵ月」と言われていたのですが、6年生きました。
    最後はあまり痛みもなく、枯れるように亡くなったのですが、がんは本当に人それぞれです。
    どうか、気を落とさずにご自愛ください。

    3+
    • おーぐっちゃん さんが4週前に返信

      キノシタ様
      誠に痛み入ります。ありがとうございます。
      半年が6年ですか…。うちは最後は、長くて年内、短くて来月と言われてから、わずか1週間でした。本当に難しい…。
      でも、私たち子供と孫たち全員が会い終えた後、数時間後に逝きました。父としても、安心あるいは納得できたんだと思います。
      また、苦しんだ期間も一週間程度で済んだのは、まだ幸いだったのかもしれません。
      私自身は、とてもスッキリしているというのが偽らざる気持ちです。
      キノシタ様、皆様、本当にありがとうございました。

      1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月14日 4:13 PM

    3月には佐藤先生の講演をお願いする予定で、調整をいたします。

    1+
  • 13日の『膵臓がん患者と家族の集い』は中止にしましたが、苦渋の選択でした。
    台風が行き過ぎるのは分かっていましたが、交通網の復旧の予想がつかず、佐藤先生も飛行機が飛ぶかどうか見通せない状況でした。
    今現在、京浜東北根岸線は運休ですから、中止の判断で正解かとも思っています。
    12月、1月と会場の抽選に外れ、1月に別の会場を確保できたので、次回は1月18日開催です。
    しばらく皆さんとお会いできませんが、この場で交流をしましょう。

    11+
    • ジャッキー さんが1か月前に返信

      運営サポーターの皆様にはいつもお骨折りいただきまして、心から感謝しております。次回を楽しみにしています。

      0
    • おーぐっちゃん さんが1か月前に返信

      今回のご判断はやむを得ないものだったと存じます。
      またいつか、佐藤先生の御講演がありますならば、ぜひ参加させていただきたいです。
      いつも本当にありがとうございます。

      0
      • キノシタ さんが1か月前に返信

        3月には佐藤先生の講演をお願いする予定で、調整をいたします。

        1+
  • キノシタ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年10月13日 10:31 AM

    高津区では死者も出たようですね。被害はなかったのでしょうか。
    大田区も多摩川沿いには避難指示がでましたが、我が家の付近は影響はなかったです。

    1+
    • ジャッキー さんが1か月前に返信

      ありがとうございます。一晩、避難所でご厄介になり、朝6時に帰宅しました。家屋に被害はなくホッとしております。

      0
  • もっと読み込む