アクティビティ

  • キノシタ が更新を投稿 2020年12月2日 9:10 AM

    【推薦図書】言い出しっぺの私から。
    なんといってもシュレベールの『がんに効く生活』ですね。
     
    2009年の出版ですが、統合医療のバイブル本といってもよろしいでしょう。膵臓がんの治療は標準治療だけでは限界があります。シュレベールに言わせれば、「がんを治すことができる代替治療法は一つもない。しかし、わたしたちの体が持っているがんに対する自然の防衛力を無視するのもまた、ナンセンスである」

    エビデンスがないことと、効果がないことは同一ではありません。
    エビデンス至上主義を廃して、少しでも確率の高い代替療法を選択することです。

    私のブログで「シュレベール」と検索していただければ、たくさんの記事がヒットするでしょう。

    7+
    avataravataravataravataravatar