アクティビティ

  • ちくりん が更新を投稿 2020年10月19日 5:11 PM

    明日入院で明後日手術となりました。すい頭部切除です。
    昨日は執刀医の「セミナー」を最前列で聴講。
    「私はすいがんが憎い」の第一声を心強く聞きました。
    検査入院時からチラチラ見てましたが、配膳の手伝いまでしているありえない働きぶりに心動くものがありました。
    「先ずは命預けてみます。」
    気になるのが、告知されてからまだ一度も心の底から泣いていないのです。。。なぜなのか。。。

    5+
    avataravataravatar
    • ちくりんさん
      まずは明後日の手術が問題なく終えられることを祈念申し上げます。
      様々な思いが頭の中を巡っておられることと拝察しますが、手術そのものは専門家の医師に任せて、できる限りの平常心で臨んでください。
      術後はしばらく痛みや不自由な行動制限などのお辛い日々が続くことと思われますが、私の友人の医師は、私の手術当時、「人間の体はたとえ一枚一枚薄紙を剥がすようにゆっくりであっても確実に回復するようにできている」との言葉をくれ、私の術後の闘病生活を支えてくれました。
      ちくりんさんにも、この言葉を贈りたいと存じます。頑張ってください。

      1+
      avatar
    • 追伸です。
      私も4年半前の発覚と手術の当時から、泣いたことがありません。涙が出てこないのです。告知を受けた時も、身体中がブルブル震えましたが、涙は出ませんでした。
      心のどこかで、泣いてる場合やないやろ!と思っているのかも知れません。告知後、泣く妻に対しても、泣くのはまだ早い、まだ終わった訳やないやろ?という言葉が口を突いて出てきたことを思い出しました。

      1+
      avatar
    • にっこう さんが1か月 2週間前に返信

      明後日の手術が順調に成功することをお祈りします、5年8ヶ月前の自分を思い出します、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、開き直って生き残る道を突き進んで生きましょう、痛くも痒くも無かったので人前でも自分自身も余り辛い気持ちは有りませんでしたが夜中にふと目が覚めると瞼に水分が溜まっていました、心底で生きる希望を求め全身から力が溢れそれ以来は歯を食いしばり唇をかみしめ今日まで来ました、ちくりん様も手術後3年5年7年と突き進む一歩にしてくださいね、ふぁいとん♡ふぁいとん♡で乗り越えてください、又 panCafeお会いできるのを楽しみにしております、

      1+
      avatar
    • ちくりんさん、術後いかがですか?私もちょうど1年前に手術しました。我が家の猫の額バラ園が気になっていましたが、妻の世話で何とか今年の秋も綺麗に咲いています。英国の王立植物園の薔薇、ヨークの鉄道博物館コロナ終わればぜひ行きたいです。

      1+
      avatar