アクティビティ

  • MYU が更新を投稿 2019年5月5日 11:51 AM

    緩和ケア病棟は30日しか入れないこと、地方では良い在宅医を探すのも大変なことなど、今後の不安材料がてんこ盛り。。

    集いで緩和ケア医の大津先生のご講演いただけないかしら。。

    9+
    • うま さんが4か月 2週前に返信

      MYUさん、こんばんは。
      この記事ちょうど先日読んでいて不勉強のため大変驚かされていたところです。母が膵臓がんだとわかった時から、母はどこでどう亡くなっていくのかを考えざるを得ません。治療を受けている病院で…なのか自宅か、或いは緩和ケアの施設なのか、と。
      緩和ケアは、テレビで観たような、末期患者が穏やかに最期を迎えられるところとしか思っていませんでした。でも必ずしもそうではなかったのですね。勉強になったのですが不安も増しました。
      私たちどうなっていくのかなあ…。

      1+
      • MYU さんが4か月 2週前に返信

        うまさん、コメントありがとうございます。うまさんのおっしゃる通り…本当に私たち、どうなっていくのでしょうね…。私自身も近い将来の終末期の過ごし方やその場所や環境について考えているところでした。
        自分がお願いしようと思っている緩和ケア病棟のスタッフがどんな人たちでどんな環境なのかも知らず、お試しのない一度きりの最期を託す場所として果たして自分に合っているのかさえもわからないまま、(その頃は自由に動くことも満足な意思表示もできなくなっているだろうし)不本意な最期を過ごすことになることだけは避けたいです。。
        ですが、そんな希望が叶うのかどうかも分からない。。「入院期間連帯責任制」で、居場所さえないかもしれないのですものね。。

        1+
    • キノシタ さんが4か月 2週前に返信

      MYUさん。実は私も大津先生の講演を考えていたところです。サポーターのメンバーと相談してみます。
      6月はすでにサイモントンですから、8月25日の開催は決まっているので、早くてこちらになります。大津先生のご都合もあるだろうし、確認が必要ですね。

      1+
      • MYU さんが4か月 2週前に返信

        「講演したい人」より、患者が講演をお願いしたい人を優先してくださいませんか。
        押川先生のお話しはYouTubeでたくさん拝聴させていただいています。主に腫瘍内科のお話しです。
        緩和ケアについての内情を現場でご存知な大津先生のお話しが聞きたいです。(YouTubeなど公開できないようなことまで含め…)

        私には時間がないので、数ヶ月後の集いでは間に合わない可能性もあり、個人的にご相談に伺う必要性を感じているところですが…、緩和ケア病棟や在宅看護については、多くの方々が不安に感じ、その実情を知りたいのではないかと思います。

        2+