アクティビティ

  • herios が更新を投稿 2019年12月28日 12:29 PM

    しばらく投稿を休んでおりましたヘリオスです。
    この年末は、主人の治療方針が定まらないまま年を越すことになりました。
    アブジェムが効かなくなり、マーカーが111まで上昇、MRIでも2か所、あばら骨と腹膜が光っていました。肺と肝臓にはまだ転移は見られないものの、腹膜播種となると今後どうしたらよいのやら悩んでおります。主治医はフォルフィリノックスをと言いましたが、うちの主人の場合、不整脈があるので無理には勧めないと。放射線治療やトモセラピーも検討しているのですが、腹膜播種となると受けてくれる病院があるのかどうか……。駒込病院のトモセラピーを受けられるかどうか聞いてみたいということで紹介状を郵送していただきましたが、先生は駄目だと思うよと。ほかにも東大病院で腹膜投与ができないかと聞いてみたのですが、自由診療でも受けてくれないと思う、行くだけ無駄だと言われてしまいました。やはり危険を覚悟でフォルフィリノックスを受けるしかないのでしょうか。もしどなたか、こんな方法もあるよという情報をお持ちでしたら教えてください。よろしくお願いします。

    • FIT393 さんが3か月前に返信

      > 東大病院で腹膜投与
      というのは、おそらく

      コレだと思うのですが、アブジェムが有効で無いとすると期待薄だと思いますし、そもそも選考基準の2・3に引っかかってしまうと思います。
      転移が複数有ることと、腹膜転移があると言うことは、全身療法しか期待できないかも知れません。
      そうすると、心室性不整脈では難しいフォルフィリノックスになるのでしょうが、医師も慎重でしょうから、逆に密な観察が出来る環境で投与するのはアリではないか?と思います。
      このあたりは、哲学みたいな話になってきますから、「あの時、やった方が良かった or やらなければよかった」という後悔にどう打ち勝つかのような気もします。
      TS1 は試されたんですよね?

      1+
      avatar
      • herios さんが3か月前に返信

        FIT393さん、情報をありがとうございます。やはり腹膜播種となると化学療法しかないのかもしれませんね。主人は腹膜播種と認めたくなくて、一か所、二か所なら局所治療でいけると言うのですが、恐らく主治医の見立てが正しいのだと思います。TS1は術後最初の治療で半年やったのですが、その後中止し、2か月後に再発、トモセラピー、アブジェムとなりました。TS1は耐性がついたかどうかわからないので、この年末年始はとりあえずTS1を2週間試すことになりました。主治医は期待薄だと言っていますが、効いても欲しいです。フォルフィリノックスをするかどうか、じっくり検討したいと思います。アドバイス、ありがとうございました。

        1+
        avatar
    • キノシタ さんが3か月前に返信

      FIT393さんが書かれたとおり、トモセラピーをやっていれば対象外になりそうですね。しかし、セカンドオピニオンのつもりで受診するのも良いかも知れません。
      関西医科大学が膵癌の腹膜播種でクラウドファンディングで資金を募集して話題になりました。しかし千葉からでは遠いですね。ただ、協同研究施設として都立駒込病院も名を連ねていますので、トモセラピーをお願いする際に情報が得られるかもしれません。

      腹膜播種に対しては動注療法も効果があると言われていますがエビデンスはありません。都内の三井記念病院、埼玉の三浦病院などが知られています。

      0
      • herios さんが3か月前に返信

        キノシタさん、情報をありがとうございます。駒込病院は来年1月8日に予約がとれました。関西医科大学と協同研究施設であるとのこと、ありがたい情報です。何かヒントをいただけるかもしれませんね。
        動注療法もだいぶ前に記事で読んでいたのに、舞い上がってしまってすっかり失念しておりました。早速三井記念病院、三浦病院もチェックしてみます。エビデンスはなくても、何かできることがあるなら希望が持てますし、前向きになれます。いつも的確な情報をありがとうございます。主人と相談してみます。

        0