モモ

  • モモ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2020年4月18日 11:44 PM

    にっこうさん、先日は温かいお言葉をありがとうございました。
    思い返すと、母はとにかく出来ることを精いっぱいやり、結果、免疫力が上がって、闘病生活もくじけることなく過ごせたのではないかと思います。
    にっこうさんの強運を私も信じております。本当にありがとうございます。

    1+
    avatar
  • モモ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2020年4月12日 11:35 PM

    うまさま、ありがとうございます。お返事大変遅くなってすみません。これまでも、うまさんの投稿を拝見して、うちと近い状況にいらっしゃるのでは…と思っておりました。
    母は4月6日に息を引き取りました。最後まで我慢強い母でした。
    うちの母は、膵がん発覚の時点で肝転移がありましたので、いつかこの日が来ると分かった上での抗ガン剤治療でした。とにかく普段通りの生活を続けたいというのが母の希望でしたので、治療中そして、在宅療養から緩和ケア病棟への入院中も、とにかく毎日、その日を無事に、そして楽しく過ごせることに心を砕いてきました。
    母の最後の様子から、天命を精いっぱい全うできたのではないか、出来るだけのことはできたかなと思う一方、
    完治しないと宣言された中で治療を続けてきたことの辛さが、今になって込み上げて…[ 続きを読む ]

    1+
    avatar
    • にっこう さんが5か月 3週間前に返信

      ご逝去の報に接し、
      心よりお悔やみ申し上げます、
      天命を「精一杯」生きたと信じます、
      モモ様も気分転換で心を癒して
      母上様と愛しき和みの日々を想い出に気丈に
      子育て頑張って お身体ご自愛くださいね、

      2+
      avatar
  • モモ が更新を投稿 2020年4月6日 12:38 AM

    3月終わり頃、緩和ケア病棟に入った母ですが、別れの時が刻々と近づいてきたようです。
    3月に入って病状が急激に悪化しました。自宅に介護ベッドやポータブルトイレを入れてもらいましたが、何も食べられなくなり、薬すら飲めなくなった母を見かねて、父が点滴を懇願し、緩和ケア病棟へ入院となりました。
    入院後も好転することなく、とうとう呼吸が荒くなってきました。
    膵がん発覚からちょうど2年、余命半年と言われた母は2年間も戦って、ある意味勝ったのだと主人は言います。そうかもしれません。
    抗ガン剤の副作用も脱毛も痺れ以外はほとんど無く、激しい痛みを訴えたことは一度だけという母は、母自身の頑張りがあって、膵がん患者としては奇跡的に穏やかに過ごせました。
    それだけに、この1ヶ月の悪化は、特に父には堪えたようです。膵…[ 続きを読む ]

    5+
    avataravataravataravataravatar
    • うま さんが5か月 3週間前に返信

      モモさん、こんにちは。
      いかがお過ごしですか。
      うちの母は在宅ですが、母ももうそろそろお別れが近付いているようです。退院するにあたりうちもポータブルトイレを用意しましたが数日使っただけですぐに寝たきりのような状態になりました。薬を飲み込むのが難しくなり、熱が出て眠る時間が長くなり、飲み食いできなくなり…。
      本当にあっという間ですね。うちは1年と5か月、長いとはいえませんが母が頑張ってくれたから得られた貴重な時間でした。
      緩和ケア病棟でも面会が制限されているのですね。寂しいでしょうがお母様きっと理解してくださっていますね。私もたくさん、反応はありませんがありがとうを枕元で伝えています。

      3+
      avataravataravatar
      • モモ さんが5か月 3週間前に返信

        うまさま、ありがとうございます。お返事大変遅くなってすみません。これまでも、うまさんの投稿を拝見して、うちと近い状況にいらっしゃるのでは…と思っておりました。
        母は4月6日に息を引き取りました。最後まで我慢強い母でした。
        うちの母は、膵がん発覚の時点で肝転移がありましたので、いつかこの日が来ると分かった上での抗ガン剤治療でした。とにかく普段通りの生活を続けたいというのが母の希望でしたので、治療中そして、在宅療養から緩和ケア病棟への入院中も、とにかく毎日、その日を無事に、そして楽しく過ごせることに心を砕いてきました。
        母の最後の様子から、天命を精いっぱい全うできたのではないか、出来るだけのことはできたかなと思う一方、
        完治しないと宣言された中で治療を続けてきたことの辛さが、今になって込み上げて…[ 続きを読む ]

        1+
        avatar
        • にっこう さんが5か月 3週間前に返信

          ご逝去の報に接し、
          心よりお悔やみ申し上げます、
          天命を「精一杯」生きたと信じます、
          モモ様も気分転換で心を癒して
          母上様と愛しき和みの日々を想い出に気丈に
          子育て頑張って お身体ご自愛くださいね、

          2+
          avatar
  • モモ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2020年1月25日 1:19 AM

    キノシタさん、ありがとうございます。今日、訪問医の先生が来て下さり、無理して食べたらしんどくなるよと、父にも母にも話して下さいました。母が痛くないの一点張りなので、服薬もせず、何も治療していないことが、父にはいたたまれないのだと思います。私自身も、今週は訪問医の先生やケアマネジャーさんとお話できて、少し落ち着きました。日毎に弱っていく母を見るのはつらいですが、とにかくお母さんの納得するように何でもさせてあげてください、僕もそのように動きますから、と先生がおっしゃってくださり、間に入る身としてはやっぱり大変だけれど、通らなければいけない道だと少し踏ん切りがついたような気もします。

    2+
    avatar
  • モモ が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2020年1月25日 1:13 AM

    ひいさん、ありがとうございます。確かに、父も少し認知も入ってきている可能性はあります。母がもう要らない、食べられないとはっきり言うようになりました。それで、父もあまり言わなくなりましたが、あまりこちらの話に耳を傾けないので、(受け入れられない気持ちもわかります)言い方を工夫して、なだめるようにしています。相談するって、大事ですね。

    2+
    avatar
  • モモ が更新を投稿 2020年1月20日 10:41 AM

    昨年のクリスマスイブに、とうとう母の標準治療が終わりました。
    CTの結果、膵体部がんが大きくなり、胃に浸潤し始めた、肝臓の転移も増えた、そして腹膜播種が出現したとのことでした。
    サードラインのフォルフィリノックスを始めて3ヶ月弱、腫瘍マーカーがどれ1つとして下がらないどころか、全てものすごい勢いで上昇していたので、覚悟はしていました。
    年末年始を挟むこともありましたが、膵がんは足が速いからいろんな手続きは早めにしたほうがよい、と言われ、
    介護保険の申請、訪問診療の先生へのお願い、緩和ケア病棟の見学と面談、ケアマネジャーさんとの面談…と続き、いろんな見通しが立って、少しひと息つけました。
    幸い、訪問診療の先生も緩和ケアの先生もとても良い先生で、いろいろお話してくださいました。家族も、何よりも母…[ 続きを読む ]

    2+
    avatar
    • ひぃ さんが8か月 2週間前に返信

      大切な時間を悲しさのあまりお父様は認められないのでしょうか。それとも認知?暴力的な発言や行動がひどくならないと良いのですが。お母様が穏やかに過ごせる事が大切な事を話し合ってみたらいかがでしょうか。一人で抱えず色々相談なさって下さいね。

      4+
      avatar
      • モモ さんが8か月 1週間前に返信

        ひいさん、ありがとうございます。確かに、父も少し認知も入ってきている可能性はあります。母がもう要らない、食べられないとはっきり言うようになりました。それで、父もあまり言わなくなりましたが、あまりこちらの話に耳を傾けないので、(受け入れられない気持ちもわかります)言い方を工夫して、なだめるようにしています。相談するって、大事ですね。

        2+
        avatar
    • キノシタ さんが8か月 2週間前に返信

      お父さんとしては、まだ諦めきれないのでしょう。しかし、無理に食事をさせたり、水分を摂らせたりというのは、患者に負担になることもあります。がんの最期を穏やかに過ごすためには、自然の摂理に逆らわないことです。今必要なことなど、訪問介護の先生とよく相談なさってください。

      3+
      avataravatar
      • モモ さんが8か月 1週間前に返信

        キノシタさん、ありがとうございます。今日、訪問医の先生が来て下さり、無理して食べたらしんどくなるよと、父にも母にも話して下さいました。母が痛くないの一点張りなので、服薬もせず、何も治療していないことが、父にはいたたまれないのだと思います。私自身も、今週は訪問医の先生やケアマネジャーさんとお話できて、少し落ち着きました。日毎に弱っていく母を見るのはつらいですが、とにかくお母さんの納得するように何でもさせてあげてください、僕もそのように動きますから、と先生がおっしゃってくださり、間に入る身としてはやっぱり大変だけれど、通らなければいけない道だと少し踏ん切りがついたような気もします。

        2+
        avatar
  • モモ が更新を投稿 2019年11月25日 10:32 AM

    にっこうさん、運営管理者さん、ひいさん
    ありがとうございました。返信がうまく書き込めなかったので、こちらに投稿しました。
    スマホでお返事しようとしたら、変な具合になってしまいした。すみませんでした。
    気持ちが少し整理されました。一喜一憂せずに、頑張りたいと思います。ありがとうございます。

    1+
    avatar
  • モモ が更新を投稿 2019年11月22日 10:10 AM

    母が膵臓がんと診断されて、1年半が過ぎました。アブジェム→TS1と抗がん剤治療を続け、母自身のものすごい頑張りと、良い先生に巡り会えたことで、比較的穏やかに過ごせてきました。
    でも、TS1も耐性がつき、ラストチャンスとしてフォルフィリを始めましたが、効果は出ていないようです。
    母はもともと身体も心も強い人で、とにかく母のやりたいことをやりたいようにさせてあげたいと思っていますが、
    年齢のせいか、抗がん剤のせいか、癌のせいか、最近、急速に弱ってきた気がします。一緒に住んでいると、どうしてもいろんなことが目につきますし、私自身まだ手のかかる子ども2人抱えて、さすがにいっぱいいっぱいになってきました。
    自分の気持ちを発信するのはあまり好きではありませんでしたが、これはどこかで吐き出さないと私が完全…[ 続きを読む ]

    10+
    avataravataravataravatar
    • にっこう さんが10か月 2週間前に返信

      お子様を育てながら母上様の看病お疲れ様です、
      この病気は直ぐに完結することなく長く本人、家族に
      精神的負担、疲労感に未来展望が開け難い事に疲弊し
      家族間にも意識のズレが生じます、モモ様の心のストレスは
      誰もが通る道と思います、病気の治療は淡々とこなし日々、
      日常生活は病気に飲み込まれず違う方法で母上様に
      接する方が良いと思います、病気を意識し過ぎると心が
      辛く、取りこし苦労で家族みんな疲れてしまいます、
      我が家も5年近くなりますがそんな時も有りました、
      心に不安が有る時はこの場に呟いたら少しは楽になると
      私は思います、心労も考え方で開放されると思います、
      大変でしょうが頑張ってください、お身体ご自愛してね、

      3+
      avatar
    • モモさん。PanCafeへの登録、ありがとうございます。
      お子さんを抱えての親の介護は心労も多いことと思います。家族は第二の患者とも言われますが、患者以上に辛いこともありますね。そんなとき、ここで思いをぶちまけてください。きっとメンバーからの温かいコメントがあると思いますよ。

      0
    • ひぃ さんが10か月 1週間前に返信

      身内がダメなら他人の力。
      毎日の不安と慌ただしさや急な出来事にアタフタしていましたが自分の心が落ち着かない事が一番強かった気がします。
      お母様の前で普通に出来る為にも吐き出す場所は必要だと思います。
      お子さん小さいと病院1つも大変だし、風邪移ったらとか色々考えちゃいますよね。
      こんな時はどうすれば良いかと病院の相談場所があれば少し楽になるかも知れませんね。

      0
  • モモ さんのプロフィールが更新されました。 2019年11月22日 9:51 AM

    0
  • モモ は登録ユーザーになりました 2019年11月22日 9:48 AM

    1+
    avatar