アクティビティ

  • もかもか が更新を投稿 2019年7月11日 6:07 PM

    こんにちは!

    今日は皆さんの意見を伺いたくて投稿します。

    今年79歳の母がすい臓がんと診断されました。
    大きさは1センチ。
    しっぽの方にあるので手術はやりやすいと言われましたが、患者本人が絶対に手術はイヤだと言い張っています。
    なんとか手術するように説得するべきなのか、
    本人の希望する陽子線治療をするべきなのか迷っています。
    元から手術は絶対にしないつもりで先進医療の保険に入っていたらしいです。
    高齢なので、なるべく苦痛のない方法を選びたいと考えています。
    本人の希望を叶えてあげたいのですが、このような場合でも第一の選択肢は手術になりますか?
    どうしたら良いと思われますか?

    2+
    • FIT393 さんが4日 22時間前に返信

      こんにちわ。
      手術の是非では無く、本人の希望というお話しであれば、それは可能でしょう。ただ、膵尾部で10mmでというならば、手術しないのはもったいないような気もします。
      予後については年齢も考慮して考えなければなりませんが、手術に関しても腹腔鏡手術も可能かも知れません。
      お大事に。

      1+
      • もかもか さんが3日 12時間前に返信

        コメントありがとうございます。

        腹腔鏡手術は思いつきませんでした。
        貴重なアドバイスありがとうございます。調べてみます!

        1+
    • キノシタ さんが4日 14時間前に返信

      手術のメリットは、開腹してCTでは見えなかった腫瘍部も切除できることです。デメリットは、高齢ということもあり、合併症や術後の体力低下、場合によっては寝たきりになることもあり得ますね。
      陽子線治療は、体にはやさしいですが、正常組織を損傷しないように腫瘍部よりも狭く当てることになります。
      両方とも、取り残した可能性のあるがん細胞を抗がん剤で叩くことになります。
      あるいは、どちらを選ぶにしても、平均寿命までの何年かを生きることができればよいという考え方もできますね。
      ただ、手術や陽子線をしなければ、平均寿命まで生きることは難しいと思います。

      3+