アクティビティ

  • ララちゃん が更新を投稿 2019年6月15日 6:17 PM

    今日は20年前に相次いで亡くなった飼犬と飼猫の法要を行基様で有名な家原寺でしてきました。当時は役所に引取りに来てもらっただけでお墓とか何もしてなかった事が、ずっと気になってたのでホッとしました。今回だけでなく、お盆お彼岸には人間のご先祖様同様に法要してゆくつもりです。
    信仰心など無かった私ですが病気になってからは朝に般若心経、寝る前には主の祈りと仏教とキリスト教を不謹慎にも兼ねています。
    たまたま母方の実家がお寺で私が通ってた学校がミッション系ということで経典や聖書が自宅に有り利用しているだけですが。
    先月からは毎日曜日には教会へも通っています。
    信仰心は?さておき、いっときでも無の境地になる事で不安や苛立ち、絶望感から解放されたいだけかもしれませんが。
    病気の事を告げていない人達からは「人生100年を絵に描いた様にお元気ですね」と言われます。
    元々、声は大きいですが努めて笑顔で接する様にしているだけなのに。。。
    心の中は、未だに何故こんな大病に私がとの思いです。

    5+
    • にっこう さんが1か月前に返信

      私も1年ぐらい不安、苛立ちは有りました。でも理由付けをせづ雨の日も真夏の炎天下の下も、雪の日も何かに取り付かれたように朝、昼、夜と食後2時間づつ生きる為に歩きました。ある朝、朝陽を観ているとフト周囲の人より私が元気ではないかと思いました。癌と言う言葉に負けないように癌を特別扱いせづ今を生きてください。大切な日々を今日と言う珠玉の日々生きてください。 明日の事は誰も判らない。 百尺下の水の心を水の深さを。

      0
      • ララちゃん さんが1か月前に返信

        にっこうさん、ありがとうございます。いつもながらの一言私には何万言くらいの励みになります。理屈抜きで元気!元気と笑顔で一日が過せばバンザイです。

        1+
        • ぴのこ さんが1か月前に返信

          お寺や神社は、落ちつきますね。
          自分なりに手を合わしたくなります。
          樹齢何百年と言う木は、生命力もらえるような気がしてよく抱き着きました( *´艸`)

          3+