アクティビティ

  • ララちゃん が更新を投稿 2019年9月7日 11:14 AM

    昨日、健診で通院した折り病院患者会でお世話係を積極的にしておられ、仲良くして貰っていた女性が春から毎月入院されてるのを知りました。
    癌の部位は違いますが年齢も私より20歳も年下で、独身でもありキャリアウーマンを絵に書いた様な素敵な方です。
    お父様は亡くなられ、告知前は若年性アルツハイマー病のお母様と二人暮しで仕事と介護を頑張っておられたようです。彼女の病気がわかってからは施設に入居されてるそうです。

    こんなに人生頑張ってる彼女を再々発という状況で7年近くも苦しめてる病気が憎いです。自分も病人なので病室訪問して寄り添うことしか出来ません。
    早く癌細胞を凍結出来る様な治療法が出来て欲しいです。

    5+
    • にっこう さんが2週 2日前に返信

      本当ですね、投稿を見るなり心が痛みます、これも現実かと想うと慙愧に耐えません、病気は善悪関係なくある日、突然襲ってきます、心がけが善い人ほどストレスを抱え、身体に影響があるのかもしれません、御体は病に傷つけられても、心はみんなで、
      励まし合って何とか免疫を上げ乗り越えたいですね、
      善の細胞と良くない細胞の戦い、もとは仲間なのに残念です、
      難しいですが笑顔で明るく、負けないぞと心強く、生きる気力で、改善回復、お祈ります、ララ様のやさしさ、励ましパワーも元気が出ると思います、みんなみんな元気だしましょう、
      心、気持ちで負けないように好循環作用期待します、

      3+
      • ララちゃん さんが2週 2日前に返信

        彼女からお見舞いに来られる健康な方達から「頑張ってね」と言われた時、返答のしようがないと聞き私も同じ経験者なので「わかる。わかる。」と同調したことで気持ちが少し和んだみたいです。励ますつもりで言われてるのは、わかるのですが癌治療中の身にとって「頑張って」は微妙な言葉ですよね。

        4+
        • にっこう さんが2週 1日前に返信

          共感、カチと押しました、でも私は見ましたよ、ララ様のお気持ち分かりますよ、でぇ、本当はみんな「頑張って」の取り方が身体の傷付きよう心構えで違うと思います、黙すれば楽ですが投稿の方にします、
          私の一、感じ方です、気に触ればすみません、

          2+
    • キノシタ さんが2週 2日前に返信

      先日の膵臓がんの集いにも、生後数ヵ月の赤ん坊を含めて4人のお子さんを抱え、ご主人が膵臓がんを告知された若いお母さんが参加されていました。
      がんはそんなことはお構いなしに襲ってくるのですね。
      「運が悪い」と言えばそれまでですが、神さま、無理な試練を与えなくても良さそうなものです。
      なんとか乗り超えることを祈るばかりです。

      6+
      • ララちゃん さんが2週 2日前に返信

        お若いお母様の件は当日、参加者名簿を見た時に知りました。キノシタ様が仰られている様に神様って試練与えるのもよく考えてよと私も思いました。ヤッパリ、一日でも早く癌細胞への対症療法だけでなく根治療法が確立される様願うばかりです。

        4+