うま

  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年6月25日 5:40 AM

    コメントくださった皆様ありがとうございます。
    うまくまとめられずまた長くなりますがお許しください。

    皆様おっしゃる通り、態々不安を煽る必要があるのだろうかという懸念はありました。しかしきちんと説明しないことで結果母を騙してきたように感じています。
    母は母で、いやなもの・都合の悪いものから目を背け、なかったことにしようとするところがあります(誰しもそういう面があるかもしれませんが昔から母の場合それが行き過ぎるのです)。病気や治療の話も度々はぐらかされてきましたが、私もそれに甘えて会話を避けていたともいえます。
    なので、達観して病気に動じず過ごしているというのとはちょっと違うのです。

    私は今後の治療のひとつとしてひそかに丸山ワクチンを検討していました。先日私の誕生日だったのですが、何もしてく…[ 続きを読む ]

    2+
  • うま が更新を投稿 2019年6月24日 3:36 AM

    こんばんは皆様。
    今回も集いが盛況だったようで何よりです。いつか私も参加したいと思いつつ、母のことで気になっていることがあります。

    治療もちゃんと受けていますし体力維持回復のため運動もできる範囲でやってます。でも、どこか自分が患者であるということ、病気ときちんと向き合ってはいないように見えるのです。
    皆様のようにつぶさに情報を集めるでもなく(ネットをやらないからというのもありますが)、何かを実践する・しようとするでもなく。食べられるものを食べていいということで食事もそれほど気遣っていません。ただ言われる通りに治療を受け、手術もうまくいき、それでもう治ると思っているようなのです。

    呆れられるかもしれませんが、母の性格を考慮し、私も病院も、膵臓がんがいかに厳しいかをきちんと伝えてこなかったと…[ 続きを読む ]

    3+
    • にっこう さんが3か月前に返信

      いっも出しゃばってすみません。私、個人の考えですがお母さんは一番病気をアルガママニ受け入れて一番理想的な治療を身につけていると私は思います。無心で日常生活を送り、あるがままの姿で生きていく、思い悩んでも病気は治りません。知識が付けばその事に脅え心が暗くなり、悪循環が働く場合が多いです。人それぞれの性格がありますがお母さんは日々穏やかな心素直な心で病気に向き合っていると思います。自然体が一番良いのではと私は感じます。無心で病気を忘れるように私も歩き回っています。医者の指示は守っています。守りすぎと叱咤激励もよく言われます。お大事に。

      3+
    • 待夢 さんが3か月前に返信

      治癒に向けて情報収集し努力するのも
      その人の生き方
       
      好きなものを食べ、自然体の自分のまま
      日々を重ねていくこともまた
      その人の人生
       
      どちらがいいかは甲乙つけがたいし
      私個人の見解ですが、患者として
      言わせてもらえば
      常に「患者」ということを意識していたら
      尚更毎日が辛く感じます
       
      これは「患者本人」と「介護者」の
      感じ方や方向性の「温度差」によるものなので
      仕方のないことだと思います
       
      介護者は、「治るためにいろいろと努力してほしい」と
      善意で思ってくれるのですが、
      患者は、私だけかもしれませんが
      「治癒」をめざすというより
      一日一日を自分らしく積み重ねていくことに
      精一杯になっているのではないかなと思います
       
      「患者としての意識」がないことは
      素晴らしいと思います
      病気が気に…[ 続きを読む ]

      3+
      • くーちゃん さんが3か月前に返信

        投稿いつも拝読しています。
        素敵な考え方、生き方をされているなぁ。
        ご家族もよく理解されているのでしょうね。
        私も娘に辛い思いをさせていると思いいつつ、
        わがままを通しています。
        梅雨時の白や青の花たちほっとした今日。

        4+
    • なよっち さんが3か月前に返信

      うまさんの気持ち、家族としてすごくよくわかります。
      だけど知らなくて済む事なら知らない方がいいような気がします。だってそこには苦しみしかないから…。
      一日一日を大切に、必ずしも明日もあるとはかぎらないから。

      4+
    • うとら さんが3か月前に返信

      お母様、向き合ったら怖くてたまらなくなりませんか?そんなお母様を見るより、治ると信じて生活されているお母様の方が良くないですか?
      お母様なりにうまさんに心配かけないように…と思っている部分もあるかもしれませんよ。

      2+
    • キノシタ さんが3か月前に返信

      そういう生き方の方が、治るためにあれこれ考えるよりも治りやすいのですよ。
      今の生活で良いと思いますよ。だって、がんと闘うために生きているのではないし、それだけの人生はつまらないでしょ。
      「治りたがる患者は、治ることは希である」
      なんとかなるものは、なんとかする
      なんともならないものは、成り行きに任せる
       
      周りの家族がいろいろと気遣ってあげて、本人は好き気ままが良いです。ビオさんのダンナさんのような生き方ですね。

      1+
    • うま さんが3か月前に返信

      コメントくださった皆様ありがとうございます。
      うまくまとめられずまた長くなりますがお許しください。

      皆様おっしゃる通り、態々不安を煽る必要があるのだろうかという懸念はありました。しかしきちんと説明しないことで結果母を騙してきたように感じています。
      母は母で、いやなもの・都合の悪いものから目を背け、なかったことにしようとするところがあります(誰しもそういう面があるかもしれませんが昔から母の場合それが行き過ぎるのです)。病気や治療の話も度々はぐらかされてきましたが、私もそれに甘えて会話を避けていたともいえます。
      なので、達観して病気に動じず過ごしているというのとはちょっと違うのです。

      私は今後の治療のひとつとしてひそかに丸山ワクチンを検討していました。先日私の誕生日だったのですが、何もしてく…[ 続きを読む ]

      2+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年6月14日 3:48 PM

    よろしくお願いします!

    0
  • くみ さんと うま さんのプロフィール写真うま さんが友達になりました 2019年6月14日 3:48 PM

    0
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年6月8日 9:23 PM

    状況も把握していないのに無責任なコメントをしてしまい申し訳ありません。くみさん、どうぞほかの皆様のお言葉を参考になさってくださいね。
    却ってお気遣いいただきありがとうございます。くみさんとお父様の幸運を陰ながらお祈りしています。
    正月におみくじを引いたら「神様は優しいから困った時にしか頼ってこないあんたでも助けるけどできればちゃんとお参りに来なさいよ」的なことが書かれていて、図星すぎて焦りました苦笑。
    自分に何ができるかと悩む日々、自己満足ですが気分が落ち着くのもあってお参りの回数が増えました。

    2+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年6月7日 3:25 PM

    くみさん、はじめまして。
    母が治療中です。術前化学療法、手術、術後化学療法をしています。
    我が家は経済的な理由のみで標準治療を続けています。標準治療だけでも悪くないよとこちら(パンカフェ)で励まして頂きましたが、最先端医療を選択肢として母に提示できるものならしたかったです。正直くみさんや、それができた方が羨ましく自分が情けないです。この病気にはあまり選択肢がないので…。
    でも最終的に大切なのはお父様のご意思です。よく話し合い、よくお話をお聞きになってくださいね。

    おまじない、お父様だけでなくご自身の不安を鎮めるためにも悪くないと思いますよ。私も診断後すぐに近所の神社にお参りに行き、病気平癒のお守りを買って持たせています。

    5+
    • くみ さんが3か月 2週前に返信

      うまさん、返信ありがとうございます。先月告知を受けたばかりで、専門的なことが分かっていない状態です。昨日、陽子線センターに二箇所ほど電話してみましたが、そういうのは、うちの父はステージ2ですので、ステージ4ぐらいの方で、手術が難しい方が受けるのだと言われました。手術に望みを託した方がよさそうです。勉強不足のまま投稿して申し訳ないです。知識のないのに、確実なことは言えませんが、他の方も言われていますように、最先端医療は立証されていませんし、うまさんも、お母様のために出来ることをされればいいと思います。私も、神社にお参りに行きました。最近、寝付けなかったり、悪夢にうなされたりで、常にパワーストーン を、身につけていないと不安です。5月から子供がインフルになったりで、一ヶ月以上父とは話せていないで…[ 続きを読む ]

      1+
      • うま さんが3か月 2週前に返信

        状況も把握していないのに無責任なコメントをしてしまい申し訳ありません。くみさん、どうぞほかの皆様のお言葉を参考になさってくださいね。
        却ってお気遣いいただきありがとうございます。くみさんとお父様の幸運を陰ながらお祈りしています。
        正月におみくじを引いたら「神様は優しいから困った時にしか頼ってこないあんたでも助けるけどできればちゃんとお参りに来なさいよ」的なことが書かれていて、図星すぎて焦りました苦笑。
        自分に何ができるかと悩む日々、自己満足ですが気分が落ち着くのもあってお参りの回数が増えました。

        2+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月28日 2:07 PM

    聞いたところ里見がかなり空気だったみたいで😡
    設定が時代に合ってないという批判もあるようなので、それならいっそ(唐沢版では大学病院を出て民間病院で緩和ケアも扱うようになった)里見にスポットを当ててもよかったですよね。
    まあそれは白い巨塔なのかと問われるとアレですが。

    0
  • うま さんのプロフィールが更新されました。 2019年5月27日 4:46 AM

    0
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月27日 2:04 AM

    私は今回の白い巨塔はパスしました。膵臓がんがフィーチャーされるらしいと知ったのも見なかった理由のひとつでした。母にもちょっと見せたくないなと…。
    どうも最近は治療が難しい病気の設定=膵臓がん、というドラマが増えてる気がしますね😣昔は胃がん、乳がん、白血病が多かった印象ですが(膵臓がんもありましたけどね、風のガーデンとか)以前こちらでも書かれていましたがそれらは治る可能性が高くなったからかなと。
    膵臓がんも早くそれらの仲間入りをしてほしいですね!

    4+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月26日 9:32 PM

    唐沢寿明版もいいですよ〜(でも田宮二郎さんが魂を込めた財前ホントにかっこいいし太地喜和子さんステキすぎる)。
    今回はいろいろ思うところあって見てないですが、興味深いのは今回が白い巨塔の最後の放送になるだろうと言われていることです。今後は遺伝子・免疫の分野ががん治療の中心となるから外科医の権力が強い白い巨塔の舞台が成り立たない、と。だから膵臓がんを腹腔鏡手術で…という超人的な設定になったのかもしれませんね。
    どんな方法であっても、「治る」時代が1日も早く現実になってほしいと願っています。

    4+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月20日 10:42 PM

    heriosさん、ありがとうございます。
    そういうものなんですかね。どうしても、術前には基準値内だったCA19-9が何故基準値を超えて2.5倍にもなるのかが気になって…CEAも上がりましたし。先生はそう(TS-1を使うと何故か上がる)おっしゃるけど…と、つい悪い方に考えてしまいます。
    安心、したいですねぇ…。
    ※1.5倍じゃなくて2.5倍でした

    1+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月20日 10:16 PM

    にっこうさん、ありがとうございます。
    私が過敏なのかもしれないですが、にっこうさんの奥様のように泰然と構えることはできそうにありません。私は父にはじまり、家族や私を実の子同然に可愛がってくれた親戚たちを悉くがんで亡くしています。そしてとうとう最後に残った母まで失うのかと思うと堪えられないのです。いい歳をして甘ったれるなと叱咤されたり(親が先に死ぬのは)順番だからと宥められたりしましたが辛いものは辛いです。
    先生の言葉を気にしていないのか聞き逃したのか、母が変わりないのが幸いです。

    1+
    • にっこう さんが4か月前に返信

      辛いものは辛い溢れる涙、素直なお気持ち自然だと思います。愛情を周囲からいっぱい受けた証です。母上様も泰然自若(病気、娘さんの心配、心に秘めて)変わらぬ日常生活、うまさんもお空を見上げ、日々の楽しかった事母上様に報告できたらお母さんも幸せではないかと私は思います。平穏な日々がつづきますように。

      0
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月20日 9:01 PM

    ぴのこさん、ありがとうございます。
    手術してからずっと下痢止めを処方されていて、量を増やしたり種類を変えたりしてますがよくなりません。がんが見つかる前と比べると15キロくらい減りました。食欲はあるし頑張って栄養補助食品を摂ってくれてもいるので何とか下痢を止めて栄養を吸収してほしいです。

    2+
  • うま が更新を投稿 2019年5月18日 9:09 PM

    皆様こんばんは。長くなります、すみません。
    母がTS-1の2クールめに入りました。ただ…赤血球も白血球も基準値よりかなり少ないです。術後からずっと下痢で食べても身(血液)になってない感じですし、これじゃTS-1を続けられないのではと不安で仕方ないです。
    もう1つの不安は腫瘍マーカーの値が上昇し基準値を超えたことです。術前よりも高くなりました。先生曰く「TS-1を使うと何故か上がるんですよね〜」とのことですが、数値が上がり続けるなら再発も考えられると言われました。

    ああ、そうでした。手術もうまくいったし退院以降笑顔で暮らしてきたけれど母は膵臓がんでした、母の病気がわかったあの頃、毎日泣いて、食欲もなくなって不眠になって、何もかも悪い方にしか考えられず、時間が経つのが怖かったあの頃。当時の感情…[ 続きを読む ]

    3+
    • ぴのこ さんが4か月 1週前に返信

      2か月で便は、水様便が、ほとんどだったかな。
      あと軟便しかありませんでした。
      10年でやっと普通便が、出るようになりました。
      下痢止めは、使ったことがありません。
      リパクレオン様様です。

      0
      • うま さんが4か月前に返信

        ぴのこさん、ありがとうございます。
        手術してからずっと下痢止めを処方されていて、量を増やしたり種類を変えたりしてますがよくなりません。がんが見つかる前と比べると15キロくらい減りました。食欲はあるし頑張って栄養補助食品を摂ってくれてもいるので何とか下痢を止めて栄養を吸収してほしいです。

        2+
    • にっこう さんが4か月 1週前に返信

      その気持ち痛いほどわかります。術後初の造影CTリンパ節はっきり影が医者「再発かな」私「ちょと速いんでは」医者「退院しない内にする人も要るからなガンバリましょう」何をガンバルんや、心の中で呟く。家族に悲しい思いはさせたくないな。さらりと報告、嫁さん「今すぐどうこうない、その時その時」。 母上様の気丈な振る舞い、食欲があれば下痢しても大丈夫、日々を楽しく過ごせる日は楽しく、母上様健勝祈ります、うまさんも心労をこの場に預けて母上様と仲良くお過ごしください。

      1+
      • うま さんが4か月前に返信

        にっこうさん、ありがとうございます。
        私が過敏なのかもしれないですが、にっこうさんの奥様のように泰然と構えることはできそうにありません。私は父にはじまり、家族や私を実の子同然に可愛がってくれた親戚たちを悉くがんで亡くしています。そしてとうとう最後に残った母まで失うのかと思うと堪えられないのです。いい歳をして甘ったれるなと叱咤されたり(親が先に死ぬのは)順番だからと宥められたりしましたが辛いものは辛いです。
        先生の言葉を気にしていないのか聞き逃したのか、母が変わりないのが幸いです。

        1+
        • にっこう さんが4か月前に返信

          辛いものは辛い溢れる涙、素直なお気持ち自然だと思います。愛情を周囲からいっぱい受けた証です。母上様も泰然自若(病気、娘さんの心配、心に秘めて)変わらぬ日常生活、うまさんもお空を見上げ、日々の楽しかった事母上様に報告できたらお母さんも幸せではないかと私は思います。平穏な日々がつづきますように。

          0
    • herios さんが4か月 1週前に返信

      うまさん、私の主人は4月末に手術をしましたが、CA19-9が下がったのは8月でした。主治医からは、術後のマーカーは気にしなくていいと言われていましたよ。マーカーの数値が下がってほっと一息つけるといいですね。

      0
      • うま さんが4か月前に返信

        heriosさん、ありがとうございます。
        そういうものなんですかね。どうしても、術前には基準値内だったCA19-9が何故基準値を超えて2.5倍にもなるのかが気になって…CEAも上がりましたし。先生はそう(TS-1を使うと何故か上がる)おっしゃるけど…と、つい悪い方に考えてしまいます。
        安心、したいですねぇ…。
        ※1.5倍じゃなくて2.5倍でした

        1+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月12日 8:19 PM

    にっこうさん、ありがとうございます。
    母が退院した頃はまだ我が家の庭では福寿草とふきのとうくらいしか見られませんでした。この頃はだんだんと緑も花も増えてきました。母も負けないくらい、いきいきと元気になってくれたらと願っています。

    1+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月12日 8:07 PM

    ひぃさん、ありがとうございます。
    本当に見ていて元気が出る花です。わあ、きれいだね、今年もすごいね、と二人笑顔で眺めてきました。
    母のお腹の具合がよければもっと長く見ていられたんですけどね。お薬を増やしてもTS-1をお休みしても全く下痢が止まらず(泣)
    食べても運動しても痩せていくばかりで、このままでTS-1の半年を乗り切れるのか不安です。

    0
  • うま が更新を投稿 2019年5月11日 2:03 PM

    こんにちは皆様。
    先日、梅と桜の画像を上げましたが今日は別の桜の画像です。今回はソメイヨシノではなく八重桜です。ソメイヨシノより1、2週遅れて咲くので花見が2度楽しめます。ボリューミーでモコモコで可愛くて大好きです。
    そんなわけで母と2度目の花見に行きました。相変わらずお腹の調子は悪いし体重も増えてきませんがそれなりに出歩けるようになってきました。2枚目の画像でお弁当入のビニール袋を持って歩いているのが母です笑
    来年もまた一緒に桜が見られますように。お互い口にはしませんでしたがたぶん母も同じ気持ちではないかなと思います。
    (北海道を代表する花のひとつ・ライラックも咲きはじめました)

    7+
    • ひぃ さんが4か月 2週前に返信

      ソメイヨシノの静かな美しさとは別の明るい美しさがありますね。これでもかって位に力強く咲く花に元気貰って来年の桜、来年の正月とイベントを楽しく過ごそうと意識するのは大切な事ですね。お母様も元気そうな姿。
      素敵な写真ありがとうございます。

      2+
      • うま さんが4か月 2週前に返信

        ひぃさん、ありがとうございます。
        本当に見ていて元気が出る花です。わあ、きれいだね、今年もすごいね、と二人笑顔で眺めてきました。
        母のお腹の具合がよければもっと長く見ていられたんですけどね。お薬を増やしてもTS-1をお休みしても全く下痢が止まらず(泣)
        食べても運動しても痩せていくばかりで、このままでTS-1の半年を乗り切れるのか不安です。

        0
    • にっこう さんが4か月 2週前に返信

      私も、4月の初め退院、さくら満開、家に帰れば、ビオラ、パンジー、花盛り、生きて戻れた!自然の美しさ、素晴らしさ、生き抜くパワーを頂きました。母上様も七重八重以上、回を重ねてさくら見物できますように。

      1+
      • うま さんが4か月 2週前に返信

        にっこうさん、ありがとうございます。
        母が退院した頃はまだ我が家の庭では福寿草とふきのとうくらいしか見られませんでした。この頃はだんだんと緑も花も増えてきました。母も負けないくらい、いきいきと元気になってくれたらと願っています。

        1+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年5月6日 1:24 AM

    MYUさん、こんばんは。
    この記事ちょうど先日読んでいて不勉強のため大変驚かされていたところです。母が膵臓がんだとわかった時から、母はどこでどう亡くなっていくのかを考えざるを得ません。治療を受けている病院で…なのか自宅か、或いは緩和ケアの施設なのか、と。
    緩和ケアは、テレビで観たような、末期患者が穏やかに最期を迎えられるところとしか思っていませんでした。でも必ずしもそうではなかったのですね。勉強になったのですが不安も増しました。
    私たちどうなっていくのかなあ…。

    1+
    • MYU さんが4か月 2週前に返信

      うまさん、コメントありがとうございます。うまさんのおっしゃる通り…本当に私たち、どうなっていくのでしょうね…。私自身も近い将来の終末期の過ごし方やその場所や環境について考えているところでした。
      自分がお願いしようと思っている緩和ケア病棟のスタッフがどんな人たちでどんな環境なのかも知らず、お試しのない一度きりの最期を託す場所として果たして自分に合っているのかさえもわからないまま、(その頃は自由に動くことも満足な意思表示もできなくなっているだろうし)不本意な最期を過ごすことになることだけは避けたいです。。
      ですが、そんな希望が叶うのかどうかも分からない。。「入院期間連帯責任制」で、居場所さえないかもしれないのですものね。。

      1+
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年4月27日 1:14 AM

    キノシタさん、ありがとうございます。
    おかげさまで画像の投稿ができました!
    治療を受けている当人にしかわからない辛さがあるのに、健康な人に要求するように言っていないか気をつけます(もっと食べろとか運動しろとか)。
    そうですね、きっと来年も花見ができると信じてます。

    0
  • うま が新しいアクティビティコメントを投稿しました 2019年4月26日 12:23 AM

    うとらさん、ありがとうございます。
    以前と比べたらだんだん足取りはしっかりしてきました。運動して、ご飯食べて、ゆっくりでもいいので体力をつけてほしいです。
    退院すると気楽になる一方、頼れる人や見守ってくれる人が身近にいなくなるので不安になります。うとらさんはじめ、こちらの皆様からいただく言葉に救われます。

    0
  • もっと読み込む