アクティビティ

  • うま が更新を投稿 2019年7月14日 12:54 PM

    皆様こんにちは。
    昨日、一昨日とプロ野球のオールスターゲームがありました。様々な選手が活躍する中でも特に輝いていたのが阪神タイガースの原口選手でした。
    原口選手は今年1月に大腸がんを公表し、手術と治療を経て5月に復帰。通常のファン投票では選出されなかったものの、もう1名を追加で選出するプラスワン投票で選出されました。
    失礼ながら、その実力は疑ってはいませんが、それ以上に励ましの意味合いが大きいのだろうなと思っていました。ところがところが、2試合連続ホームランという大活躍をみせ、ファンに夢と感動を届けた選手に贈られる賞を見事受賞しました。

    スゴいねぇ〜と感心しきりだった我々母子。母が私に尋ねました。「この人は完治したの?」
    この病気の場合、手術がうまくいったから完治ってことにはならなくて、何年も経って元気でいられた時に振り返ってみて、結果的に完治したんだって言えるんだって(手術してくださった外科の先生の言葉です。母も一緒に聞いていたんですけどね…)。だからまだ完治したとはいえないと思うけど、これだけ活躍できたらよくなるんじゃないかな。
    そう答えると、ふーん、と少し神妙な顔をしていました。以前こちらで書かせて頂きましたが、母はあまり病気のことをわかっていない節があります。
    場所や予後は大きく違いますが、同じ病気の人が頑張る姿からパワーをもらえたらいいなと思います。

    6+
    • キノシタ さんが2日 4時間前に返信

      私も膵臓がんの他に大腸がん(直腸がん)をやっていますが、比較的治りやすいがんですね。転移さえなければ充分完治することも望めます。私の場合、2000年の直腸がん手術でした。半年間人工肛門でしたが、原口選手の場合はどうだったのでしょう。
      なによりも、希望と元気をもらえますね。

      3+