アクティビティ

  • うま が更新を投稿 2019年9月1日 9:59 PM

    今日、母と夏競馬最終日の札幌競馬場に行ってきました。
    最終日には芝コースが開放され、さっきまでサラブレッドが疾走していた芝の上を歩くことができます。逆にいうとただ歩くだけのイベントなんですが、今年は母と一緒に歩きたかったのです。

    競馬場の芝丈は結構長く、歩くのに体力が要ります。でも母は日々少しずつながらも運動してるのできっと大丈夫だと見込んでいました。写真を撮り、手を繋いで、約300メートルを「完歩」。疲れた…と言っていましたが、帰宅したら元気になりました。

    母は特別に競馬が好きなわけではないですが、度々私と一緒に競馬場に行ってくれました。競馬観戦込みの旅行にもつきあってくれました。その頃みたいに元気になりたい、また行きたいと思ってくれたらいいな。
    いや、その頃を取り戻したかったのは私の方です。もしくは思い出づくりをしたかったのだろうと思います。

    芝を歩く母の後ろ姿はますます痩せてきています。病気が見つかって10か月、随分細くなりました。
    今月、術後半年の精密検査をします。止まらない体重減少や腫瘍マーカーの数値から、どうしてもネガってしまう私がいます。来年またここを一緒に歩けるだろうか。その先は。すごく楽しかったのに、久しぶりに泣いています。

    5+
    • にっこう さんが3週前に返信

      この年になっても、小さい子どもの頃、母と手をつなぎ、買い物や畑仕事について行った事を今でも懐かしく感じます、
      母上様のことを心配するうま様の心情は察するに余りあるものだと思います、母上様の病気に向き合うことはお辛いでしょうが涙のあとは、母上様に寄り添い仲良く日常生活が長く~ながく穏やかに、つづきますように願う私です、
      食の進むものを食べて、無理のない散歩で体力をつけて免疫力を上げて踏ん張ってください、私もコツコツ積み上げました、

      1+
      • うま さんが2週 6日前に返信

        にっこうさん、ありがとうございます。
        細く、薬のせいか冷たくなってしまっている母の手ですが、これからもしっかり握っていたいと思います。時々ふらつくので転ばないよう支えていきます。
        体重はちっとも増えませんが何でも美味しく食べてくれているのは一緒に暮らす家族としては嬉しいものです。この元気と食欲がいつかいい結果につながると信じたいです。

        2+
    • うとら さんが3週前に返信

      競馬場でそんな事ができるとは!新潟、札幌と夏競馬は芝を見るだけでも綺麗だと昔職場の先輩が言ってたっけ…(福島は夫と行ったことがあります^^;)

      長めの芝を踏みしめながらいろいろな思いが湧き上がった事でしょう。お母様もそうかもね。歩けた事でまた
      ひとつ自信になり頑張れると思いますよ。
       
      お互い野球は今年はおわったね(^_^;)

      0
      • うま さんが2週 6日前に返信

        新潟は日本一長い直線コース(1,000メートル)の景観が素晴らしく、函館・札幌は夏競馬の6週間だけのために育てた贅沢で豊かな芝が印象的です。福島は食べ物が美味しいって聞いたことがあります!(競馬関係ない…)
        あの道を歩けたのだから母はよく頑張ってくれています、本当に。

        まだ新人王争いやタイトル争いが残っていますよ!(個人成績に目を向けるしかない)

        1+
    • キノシタ さんが3週前に返信

      競馬場って、何か異次元の空間ですよね。
      馬は走ることだけに生きている。人間も歩けることが生きている証し。
      歩けることがこんなにも嬉しいことだとは、病気になるまでは感じませんでした。
      よい1日を過ごしましたね。

      1+
      • うま さんが2週 6日前に返信

        以前の半分くらいの歩数でも母は疲れたと言います。本人も体力の低下を気にしていますが、退院当時からみればずっと歩けてます。その時より体重は5キロ以上減っているので、どこから歩く力が湧いているのか不思議ですが…。
        足腰が衰えたらいけないと思うので、ウォーキングは何とか継続してほしいです。馬の力強さにあやかりたい。

        2+