アクティビティ

  • ジャッキー が更新を投稿 2019年11月20日 2:07 PM

    がんと付き合い3年。告知以来続けてきたアブジェムによる治療にも限界が見え、治療の転換期が来ました。(途中、膵頭十二指腸切除術を受けましたが、すぐに肝転移が認められ治療を続けてきました)

    主治医から提示された治療は、フォルフィリノックス療法、TS-1療法と緩和治療です。わかってはいたことですが、「三つしかない選択肢」の中の「緩和治療」の文字がなぜか胸に刺さり、がんを知ってから初めて涙が出ました。

    長い抗がん剤治療で、最近は心身共に疲弊。
    そんな体調でまた抗がん剤治療?
    抗がん剤治療のストレスから解き放たれ、心穏やかに過ごしたーいと叫びたくなります。
    しかし一方で、生への執着はまだまだ断ち難く、ただ普通の生活でいいから、他に何も望まないからもっともっと生きさせてという気持ちも強く治療の選択に迷い、迷い、迷い・・・そして迷い、迷い・・・

    そんな時、数名のがん友に宛てたメールの返事は異口同音でした。
    「抗がん剤治療を受けて」と。それを期に少しずつ迷いがとれてきて(完全にではないけれど)もう一度、抗がん剤治療を受けてみようという結論に至りました。アブジェムの治療中、きつい時もあったけれど、薬が奏功して楽しい時間もたくさん持てました。とにかく歩け歩けで一人でよくあちこち出歩きました。今度もまた薬が効いて、何気ない日常が少しでも長く続けられることをと信じて治療に臨みます。まずは体力、体力!そして栄養!!

    やはり人は一人で生きているのではないということを改めて感じています。
    そして外を歩けば、なんと太陽のまぶしいこと。お日様からは元気をもらいますね。皆様もどうぞお元気で。

    • にっこう さんが4か月 1週前に返信

      身体に負担がない時は歩く、良きことをイメージして
      気分転換をする、手の届く目標を決めそこまで行く、
      それを積み重ねで生きる、自然と共に日常生活を
      過ごし無理な生活は省いて行く、マイペースで人に
      合わさず生きる、頑張ってね、遠くより応援しています、

      3+
      • ジャッキー さんが4か月 1週前に返信

        この3年は非常に長かった。長期的目標をたてても疲れてしまいそう。仰るように手の届く目標をたてそこまで行く。その喜びを糧にまた前へ進む。それを繰り返しながら気持ち穏やかにそして楽しく延命できたら幸せです。
        いつも良きご助言と励ましをいただきありがとうございます。にっこうさんもお体をお大切に。

        2+
        avatar
    • FIT393 さんが4か月 1週前に返信

      無理ない治療を続けられることを願わずにはいられません。
      治療方針は、その都度決めれば良いことです。
      お大事に。

      1+
      • ジャッキー さんが4か月 1週前に返信

        何もしないことを選択する勇気がまだありません。自分の力でがんに立ち向かうだけの自信もありません。
        消去法?
        抗がん剤治療は受けるからには信じて始めたいと思います。そして治療以外の時間はできるかぎり楽しみます。効果、副作用、QOLのバランスがおかしいと感じたら止めるつもりです。
        お顔も知らない方が心配してくださることが励みになります。ありがとうございました。

        1+