アクティビティ

  • 待夢 が「今日という日をありがとう グループのロゴ今日という日をありがとう」グループに投稿しました。 1か月前

    最近、親戚の葬儀があり
    長年確執のあった義弟と和解できた
     
    なんてことはない、私がつまらぬ意地と
    ちっぽけなプライドを持っていたから
    和解する機会を作れなかっただけで
    義弟は私よりもいくつも人間としての
    成長を遂げていた
     
    膵臓がんになり、命の期限がついたことで
    つまらぬ意地とちっぽけなプライドが
    なくなり、「瞬間に感謝する」ことが
    出来るようになった

     
    自分にもしもの時には、末娘(小3)や
    奥さんのことよろしくとお願いし、
    「心配しないでいい」と快諾をもらった
     
    私の中ではとても大きな心のしこりがとれた
    重要な”終活”の一つが達成できた
     
    これもすい臓がんになったから。
     
    周りの人や物への感謝に気づきながら
    日々を過ごせるようになれたことに
    感謝している

    12+
    • キノシタ さんが4週 1日前に返信

      確執や否定的な感情を捨て去ることって、がん患者がよりよく生きるために必要ですよね。
      そうした患者は予後が良いといいます。ネガティブな感情や無気力は免疫力を下げます。

      3+