アクティビティ

  • 拓郎 が更新を投稿 2019年7月1日 9:17 AM

    先日メンバーに加えて頂いた49歳ステージ4です。
    4月に告知を受け、5月15日まで抗癌剤点滴(GEM NABPAX)を4回打ちました。
    その後、C免疫クリニックから「貴方の体調なら必ず効き、標準治療より長期生存が図れる、抗癌剤は止めるように」と言われて、抗癌剤をやめて6月末まで新しい治療の効果をみましたが、効くどころか却って癌が進行、骨転移まで生じました。
    症状も悪化、体力の低下も自覚しています。
    なるべく早い段階で抗癌剤治療に戻ることを検討しております。
    標準治療の元主治医からは、抗癌剤に戻るなら進行したので最大許容量の投与で臨まざるを得ないと言われています。
    4~5月の投与時にも副作用が強かったので、今回仮に標準治療に戻った場合にどのようなことになるのか心配です。
    情けない話で申し訳ないですが、当方と同様、標準治療から別の治療に出たあと、又標準治療を試した方がいましたら、体調の変化や感じ方を教えて頂けましたら、幸いです。
    (癌の憎悪により体力が低下していたら、抗癌剤により体調が悪化しやすいすいか、などが不安です。)

    8+
    • FIT393 さんが2週 1日前に返信

      こんにちわ。
      文章だけでの印象と想像ですが、
      まずは別の治療の期間を体調不良による休薬期間だったと考えてはいかがでしょうか。
      最大許容量というのは、ガイドライン的な最大量というよりも、本人の体調なども含めた許容出来る範囲という意味だと思います。
      主治医的には、もしかすると「だからいわんこっちゃない」的な意味合いもあったのかもしれませんが、取り戻そうとしてくれているわけですから、体調の報告を密にして治療に望まれるのがよろしいかと。
      お大事に。

      6+
    • bebe さんが2週 1日前に返信

      私もFIT393さんと似たような所感です。
      私のカミさんも休薬した期間が何回も有りました。
      1ヶ月半休薬したこともあります。
      副作用がきつい時は我慢せず薬を減量などしてQOLを維持するほうが良策だと思います。

      3+
    • herios さんが2週 1日前に返信

      うちの主人も抗がん剤を避けたくてトモセラピーに挑みましたが、トモセラピーの治療中にほかのところにも転移が出てきてしまって、結局今は、セカンドラインのアブラキサン+ジェムザールで治療中です。幸い効いてきているようで、マーカーは徐々に下がってきました。頭が剥げてしまったときはショックでしたが、海老蔵さんもプーチンさんも禿げてるけどカッコいいし!と冗談を飛ばせるまでになりました。微熱や筋肉痛、しびれなどの副作用もありますが、今は20%量を減らしてもらって、何とか続けています。白血球については、漢方の十全大補湯やブロリコ、シイタゲン、丸山ワクチンが効いているのか、それほど落ちずに頑張ってくれています。参考になりますかどうか。一緒に頑張りましょう。

      3+
    • 拓郎 さんが2週 1日前に返信

      皆さま、応援本当にありがとうございます。
      物事は考えようで、「休薬期間」という捉え方ですか。
      本日、元の主治医とも相談してみました。

      4+