うとら

  • 今日は鹿島まで来ちゃいました。最近手足の痺れ以上に痛みが走るのですが、下痢止め飲んで応援します。

    6+
    • キノシタ さんが1日 19時間前に返信

      鹿島スタジアムですね。私も昔3年くらい単身赴任で住んでいました。30年前は「陸の孤島」「鹿島砂漠(少し風が吹くと大量の砂が飛んでくる」と言われたものですが、最近は都会並みに住みやすくなった気がします。
      下痢、大丈夫ですか?

      1+
  • ひぃ が更新を投稿 2019年9月5日 4:06 PM

    他の患者会をやっている方のブログに

    日本で唯一の現役膵臓がん患者による難治性がん・希少がん・
    ステ-ジⅣがん患者のための特定医師や製薬会社の

    バックアップを受けない組織です

    こんな発信を読みましたが

    すい臓がんと家族の集いも特定医師や製薬会社からのバックアップを受けない組織です。
    勿論、皆さん知っていると思いますが念の為に。

    6+
    • かゆはり さんが1週 3日前に返信

      相変わらずですね(笑)知っている方は良いですが、病気告知間もない方にとって不安を煽る言葉はどうかといつも思います。標準治療だけでは治らないと言い切られたのは今でも怒りを覚えます。
      同じ癌腫で患者会を競っている訳でもないのに残念です・・・。

      4+
      • にっこう さんが1週 3日前に返信

        人を相手にせず、天を相手にせよ、天を相手にして、自分の
        誠を尽くし、人を咎めたりせず、自分の真心が不足していることを認識すべき、
        と西郷隆盛様が云ったそうな、
        こちらも良し、あちらも良し、いろんな受け皿が合って、
        みんな良し、大勢のみなさまが癒される日がくれば
        患者様、家族様、遺族様、すべて、善し、そんな日が早く
        くれば好いのに願います、

        6+
      • ぴのこ さんが1週 3日前に返信

        10年前なので抗がん剤も限られていて
        ジェムザール単剤6クールだけで
        サプリも何もしていません。
        標準治療だけですが、どう生きるかは、本人が、選択すればいいのでしょうね。
        でも今も生きてます。
        変なところとつるんでいたら誰も寄り付かなくなりますね。

        3+
    • キノシタ さんが1週 1日前に返信

      『膵臓がん患者と家族の集い』は、「全国規模では唯一の、膵臓がん患者の集まりの場です。」
      と、1ヶ月くらい前にオフィシャルサイトに追加しています。それ以降らしい。

      3+
  • ぴのこ が更新を投稿 2019年9月4日 1:36 AM

    2+
    • ぴのこ さんが1週 5日前に返信

      アシカ可愛かったです。
      品川水族館寄りました。
      ちょっと心が、痛いのでまだコントロールできません・・・
      どうすれば強くなれるのかな?

      3+
      • ひぃ さんが1週 4日前に返信

        ピノママが元気ないと心配です。どうしたのかなー?

        1+
    • にっこう さんが1週 4日前に返信

      泣いたり、こころが痛むのは自分が生きようと身を守るためなのかなぁ、 
      人がひとを想い、人がひとをいやす、
      極みは人の温もり、やさしさ、でしか生きられないのかなぁ、
      こころの痛みも、やさしさの大切さを教えてくれてるのかなぁ、
      さきに逝った人の想いを抱いて生きて伝えること、大切です、
      わたしの病気、 直ることは難しいけれど
      生きる意味、 だれかに想いを伝えてみたかった、

      2+
      • ぴのこ さんが1週 4日前に返信

        託された思いを忘れたことは、ありません。
        伝えていかなきゃですね。
        遺族の方々の支えもほんとうにありがたいと思います。
        まだまだ長期生存の方も手を上げてくれないかと思ったりします。

        3+
        • にっこう さんが1週 3日前に返信

          ぴのこ様のお心は十二分に理解しています、
          文書を書くとき、みなさまにぴのこ様の痛みを共有して欲しくて
          問い掛のことばに、しました、
          私が今日、生きているのは先達のおかげ、みなさんの
          貴重な体験ブログをヒントにして、共に泣き、笑いを
          共有し励ましとして、そして切ない想いを少しでも、
          この病気になった人のお役に立てればと思い、私も、
          参加している一人です、一日でも長くと言わず、
          いついつまでも天寿を全うするまで、みなみなさま、
          平穏に過ごせますようにお祈ります、

          1+
  • なよっち さんと しまさん さんのプロフィール写真しまさん さんが友達になりました 2019年9月3日 2:08 PM

    1+
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』盛況でしたね。いつもいつも、もっと大勢と話したかったなぁという思いが残ります。
    時間が足りない。
    大津先生も押川先生も、この会は他の患者会に比べて独特の雰囲気だとおっしゃってくださいます。
    他の患者会を知らないので実感がないのですが、厳しい膵臓がんだからこそ、みなさん熱心なのでしょうね。
    次回は10月13日です。
    募集が始まっています。

    8+
    • ララちゃん さんが1週 6日前に返信

      ㈯はお世話になりありがとうございました。大津先生のお話は大変分かりやすく良かったです。参加者の皆さんからは「生きるんや」との元気を頂き東京まで行った甲斐が有りました。

      3+
      • キノシタ さんが1週 4日前に返信

        100人のパワーは元気の素ですね。
        もっと時間が取れると良かったのですが、講演も楽しみにしているし、塩梅が難しい。
        そのうちに講演なしの患者だけの交流の場を設けたいです。でも長すぎて飽きあられ途中で帰る方も増えますかね。

        1+
  • 修子 が更新を投稿 2019年8月30日 6:10 PM

    波平お父さん
    TS-1を一年経口後、油木さんとジェムザールさんの点滴を3回経過。TS-1、3ケ月経過頃より 流涙が激しくなり目がかすみはじめ支障をきたすことが多くなりました、病院から目薬など処方してもらいましたが、あまり効果はありません。すでにTS-1は中止していますが、まだ涙が止まりません、病院の勧めもあり眼科検診いました。鼻筋のところ、目頭には涙を流す穴が上下二つ、左右で4つあるそうですが、TS-1の影響でその穴が塞がれあふれるのが原因とのこと、一度塞がれると自然治癒はないそうです、ので清掃してもらいました、結果かなり状態は良くなりました。
    もっと早く処置しておけば、と悔やまれます。
    油木さん、ジェムザールさんのの副作用で髪がごそっと抜けました
    抜けるのは覚悟していたので、問題ないのです…[ 続きを読む ]

    6+
    • キノシタ さんが2週前に返信

      TS-1の涙目には眼科で清掃ですか。いい情報をありがとうございます。
      髪の毛は又生えてきますよ。もとからなかった部分は無理ですが。

      1+
  • 地蔵盆でお昼を大阪王〇のタダ券もらって
    チャーハンなんだっけ?あんかけのやつを食べたのです。
    30分もせずお腹が、痛くなり下痢3回。
    脂のせいでしょうね・・・
    一過性なのでもう大丈夫です。
    このところ下痢はなかったのに。

    夕方の雨怖いくらいの降り方でした。
    災害には、気をつけなくちゃ。

    4+
    • にっこう さんが3週 1日前に返信

      明日は、我が身
      用心、ようじん、
      地蔵盆と24時間テレビが終われば、
      秋の始まり、身体に気を付けて
      人生を、目いっぱい楽しんでください。

      3+
  • ぴのこ が更新を投稿 2019年8月14日 2:09 AM

    会に参加するため迷いに迷い
    日帰りは、きついしせっかくなので
    動物園や水族館にも寄りたいと思います。
    気温が、30度以下になりますように!
    余裕がないと疲れるので2泊で
    前入りして観光もすることにしました。

    5+
  • 佐藤典宏先生の講演は10月ですので、まだ参加募集は始まっておりません。
    現在は、8月31日(土)に開催される大津秀一先生の講演「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」の申込みを受け付けております。

    5+
  • 佐藤典宏先生からTwitterで発表がありましたが、10月13日(日)の『膵臓がん患者と家族の集い』で先生の講演をお願いできることになりました。
    膵臓がん専門の外科医で代替医療にも関心の深い先生です。
    演題「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」

    5+
  • 修子 が更新を投稿 2019年8月12日 6:43 PM

    明日は油木さんとジェムザールさんの2回目の点滴です、私の場合1週目投与2週目休みの繰り返し、になります。
    一年間TS-1でしたが、ペットCTの結果怪しい部分があるとのことで、点滴変更になりました。先週初めての点滴でしたので若干不安もありましたが、看護師さんの丁寧な対応で気分よくできました。受付から終了まで 訳2時間半、入院して点滴を受ける方も、外来でする方もいるようで、この点滴ルームは椅子席が訳18席、ベッドが3、一日40人ほど対応しています、それぞれ30分の点滴+流れをよくするための点滴3本ほど、面白いことに椅子席で、飲食は自由で、おにぎり、飲み物など食べながらできます、テレビもあり、スマホも使用可、などなど至れり尽くせりです、看護師さんもまめに声掛けしてくれますので安心してお任せできます…[ 続きを読む ]

    3+
    • にっこう さんが1か月前に返信

      その後、いかがお過ごしかと想っていましたが少し安心しました。治療を継続して怪しい部分をスッキリ消してください。アポカドの成長を楽しみにゆず湯にもゆったりお入りください。

      0
  • 金剛山に登ってきました。
    ロープウェイが、止まっているので
    下から沢沿いに上まで歩けました。
    涼しくて気持ちよかったです。

    膝は、大丈夫だけどふくらはぎと太ももが、筋肉痛。
    よく眠れました^^

    8+
    • にっこう さんが1か月前に返信

      大阪平野が一望出来ますね。沢のせせらぎ、木立の清風、水辺は気持ち良いですね。連日の積極的行動、手本になります、暑い夏を健やかに乗り越えてください。心地よい疲労感いいですね。

      2+
      • ぴのこ さんが1か月前に返信

        ライブカメラのある方には、行かなかったです。
        ロープウェイ側からのほうが、楽なので。
        鳥もいたのでワクワクでした。
        雪のある時に行きたいです。
        子どものころから何十回といってますね^^

        2+
  • 今日も来ちゃいました、味スタ。勝って免疫アゲアゲしたいです。

    10+
    • にっこう さんが1か月前に返信

      首位独走、仙台に1-0で勝利、免疫力上がりましたか。

      2+
  • 大津秀一先生の『死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33』
    運に向き合う
    何も残さなくていい
    競争のみに走らない
    衰えを受け止める
    SNSの呪縛から逃れる
    メディアと距離を置く
    仕事に固執しすぎない
    別れの悲しみを振り切る
    健康のみを追わない
    地位を投げる
    お金だけを求めない
    家にしがみつかない
    夢を抱かない
    迷惑をかける意識を捨てる
    自分が一番大切ではない
    自分をダメだと思わない
    性欲を断ち切る
    理想から解放される
    比較を止める
    まじめの殻を破る
    嫉妬心を取り除く
    死の恐怖を消す
    生きる意味から離れる
    正しい答えを手放す
    人の悪口を言わない
    子どもを遠くから眺める
    親の期待を踏み外す
    誰かの考えにとらわれない
    愛にこだわらない
    嫌われることを恐れない
    義務を退ける
    夫婦の役割を放つ
    夫…[ 続きを読む ]

    3+
    • 短文ですけど、深いですね。
      私の場合は母が罹患したんですが、自分が同じ立場になった
      時、病気にどう相対すればいいんだろうってよく考えていました。今も答えは出ていませんが、いざ自分自身が死と相対する
      時はやっぱりこれらの心構えで臨むことになるんでしょうね。

      1+
    • ぴのこ さんが1か月 1週前に返信

      26個ほど当てはまります。
      子どもは、ほぼ自立してくれたことは、
      大きいです。

      0
  • ぴのこ が更新を投稿 2019年8月4日 12:03 AM

    暑いと食べてるけど運動していません・・・
    るけど体重は、変化なしです。
    鼻水が、すっきりしなくて
    アレルギー?
    検査結果も変化なくでした。
    血糖値が、気になるので掃除になぜか1時間半
    かけて頑張ってますけど(どんだけ広いんじゃ~)
    にゃんこたちに時間を割くので
    しかたないですけど。
    エアコンなしでは、無理なので24時間稼働。
    30度くらいならにゃんこは、エアコン不要なのですが、ね。

    5+
    • にっこう さんが1か月 1週前に返信

      暑い時ですから夏バテしない用に炭水化物、糖質を控えたら後は何でもお腹いっぱい食べています。ムシムシして汗が出ます。
      一日何回も滝に打たれて(フロ場でシャワー)気分転換をしています。ぴのこ様も体調管理に気を付けてビタミンD、ビタミンJを吸収して、夏を乗り越えてください。外でセミが「いのち限り蝉時雨」鳴いています。

      3+
    • キノシタ さんが1か月 1週前に返信

      「冷房を適切に使いましょう」とテレビでは言ってるけど、長時間冷房の部屋にいると、逆に体調がおかしくなりますね。夏は外に出て汗をかく。
      紫外線対策でサングラスが欠かせません。

      2+
      • ぴのこ さんが1か月 1週前に返信

        早速散歩に。
        気持ちよかったです。
        汗ぼとぼとでした。
        たった30分ですけど様子見で。

        1+
  • 生命は限られたもの
    この事はよくわかっていたはず
    なのに、余命を聞くと
    何も出来なくなってしまいました
    今どうしたらいいの?
    ただ淡々と過ごすだけでいいの?
    寂しい
    不安
    そんな事ばかり考えて
    前にすすめません

    みなさんはどのように過ごしていますか?
    良かったら、教えて下さい。

    7+
    • にっこう さんが1か月 2週前に返信

      私は日々淡々と私がなすべきこと処理しています。日常の中に幸せは有り、他に求めても有りません。ご主人様よりなよっち様の方が私は心配です。家族が心も身体も丈夫でなければ看病は辛く厳しく疲れますよ。なよっち様が倒れたら患者のご主人様は今以上に病気に触りますよ。心強く持ってご主人様と仲良く歩んでください。治療が良い方に向かいますようにお祈りします。

      2+
    • ひぃ さんが1か月 2週前に返信

      余命宣告は私だけ知らされ、辛かったですね。
      母の居ない所で泣き、ふと考えました。私は母が居なくなる不安と寂しさで苦しい。では、母は?
      みんなの前から居なくなる不安。それでもありがとうねの言葉が増え、嫌いだった自分の写真を撮ってと笑い、朝が来れば朝だ朝だーよと歌う。自分の不安を我慢して残される者を気遣う強さを見て教えられた事がありました。
      動ける内に行きたい所を聞き、直ぐに実行しました。会っておきたい人も歩ける内に会いました。
      いつもの生活をして多少のワガママを聞き、体調聞くときは
      体調どーよ?それは何より。とあっさり聞くように心掛けました。
      病気の話しは母が言った時はしっかり聞き、こちらが聞きたい時は最小限であっさりと。

      寂しい、不安は患者本人が痛感してる事。
      本人が病気の事だけに支配され…[ 続きを読む ]

      3+
      • にっこう さんが1か月 2週前に返信

        久しぶりにひぃ様らしい、レスを読み少しだけ安心しました。
        生きて入れば色んな事が有りますが二度と戻らぬ今日と言う日をみんなで励ましながら良い日にしましょう。家族は家族の気持ちを知る。なよっち様、ひぃ様、ご家族の皆様、寄り添う事は大変でしょうが猛暑の中、御身体大切にしてください。
        患者も家族の幸せを願っています。

        0
      • 待夢 さんが1か月 2週前に返信

        ひぃさんのコメントや対応は
        とても自然で優しく安心できます
         
        私にはお会いするたび
        いつも「怖く」思えるので
        ギャップ萌えですね(^^)

        2+
    • 待夢 さんが1か月 2週前に返信

      患者の立場からすると
      家族があまり病気のことに
      ナーバスにならずに
       
      病気になる前と同じように
      接してくれることが
      安心して治療に専念できるのと
      病気に支配されない日々を送れる
      鍵になります
       
      家族が病気のことを思ってくれればくれるほど
      病気のことばかり考えてしまい
      QOLも良くない毎日になってしまいます
       
      いろいろな心配や不安はあるかもしれませんが
      ひぃさんのような対応をしてくれると
      患者としては一番安心できるかなと思います

      3+
    • ビアンカ さんが1か月 1週前に返信

      こんにちは。
      ちょうど去年の今頃から、主人は厳しい状況に突入していきました。
      余命ははっきりとは言われていませんでしたが、どうやら次の年(今年)の桜は無理らしい、とは薄々わかりました。
      主人は、全て自分で知り、決めて行きたい人でしたから、
      私はひたすら、異論を唱えず、ついていくのみでした。
      正直今になって、病院で主人と一緒にいた時以外、自分がどう過ごしていたか、ほとんど覚えていません。
      でも、一度だけ「おいて行かないでよ」と、思わず言ってしまった時、主人がとても困惑した顔をしていました。
      それからは、できる限り笑っていたように思います。
      悪い事を考えれば考える程、何もかも悪くなっていくと思ったので、今日一日の事だけ考えるようにしていました。
      バカな事、なるべく言ったりしたりしていたと思います…[ 続きを読む ]

      3+
    • なよっち さんが1か月 1週前に返信

      にっこうさん、ひぃさん、待夢さん、コメントありがとうございます。
      どうしても自分中心になってしまうんですよね~。いつまでも子供です。今はまだ二人で話をしたり、ちょっとお出掛けしたりも出来るので、私の存在がストレスになるんじゃなくて、そっと寄り添う事が出来たらいいんですが。
      (^-^)笑顔で日々過ごせますように。

      3+
    • なよっち さんが1か月 1週前に返信

      ビアンカさん
      コメントありがとうございます。
      とても切なく、今でもご主人の事を本当に大切に思っておられたんだろうな。と、身につまされる思いで読まさせて頂きました。主人が私を置いて逝く。しかもこんなに早く…想像もしなかった事が起きようとしている。
      私も、たった今から、今日の事だけを考えていきたいと思います。
      遺族の方たちには、辛い事を思いだすような事をしてしまい、申し訳ありませんでした。ご助言、本当にありがとうございました。

      3+
    • bebe さんが1か月 1週前に返信

      ウチのカミさんは宣告された余命の4倍生きました。
      1年目は当然パニック、恐怖、不安。
      2年目になって少し落ち着きはじめて日々の体調を気遣いながら温泉旅行もしました。
      3〜4年目、病はどんどん進行し体調悪化が何度ももありながらもそれを受け入れ淡々と対応していました。
      さすがに4年目はもう何時どうなってもおかしくないと腹をくくって起こりうるあらゆる事を想定していました。

      不安や恐怖から始まり、現実を受け入れはじめそれなりの過ごし方をして、結局それが日常になりました。
      不思議なもので辛いのもしんどいのも日常になると予想も出来るようになりました。

      体調をチェックしながらも結局は昔のような喧嘩もよくしました。

      辛くてしんどいのは当然なのですが、
      今後どうなるのか?
      何が起こりうるのか?
      その時の…[ 続きを読む ]

      1+
    • なよっち さんが1か月 1週前に返信

      bebeさん、コメントをありがとうございました。
      主人の人生だから、主人主導でいくのが正解なのだと思いますが、主人の事を心配しているようで実は自分の心配だったり、、、。自己中すぎて、自分の事が嫌いになります。
      主人と二人の時間を与えてもらっただけで、感謝です。色々模索しながら、体と心の平穏な時間が少しでも続きますように。
      bebeさんも毎日暑いですので、お身体には充分ご注意してください❣️

      3+
  • 待夢 が更新を投稿 2019年7月30日 6:35 PM

    私の好きな相田みつをの言葉に
    「しあわせは、いつも、じぶんの こころが きめる」
    というのがあります。
     
    癌になってから、
    一日の重みと家族の大切さが
    それまで以上に感じ、
     
    家族と一緒に過ごす時間が
    とても愛おしく思えるようになりました
     
    貧乏なので^^; 旅行などもできないし
    自由診療や先端医療も無理だけど
    QOLを最大限保ちながら
    過ごす家族との時間は
     
    今までの人生で感じたことのない
    「幸せ」な時間に感じています
     
    これも癌になったからこそ
    過ごせる様になったかと思うと
     
    時間を意識せず、家族にも自分にも
    中途半端に過ごす数十年よりも
     
    一日一日を家族と過ごせることに
    喜びを感じながら過ごせる1年のほうが
     
    とても幸せな時間なんだなと思えます
     
    癌になったことで
    幸…[ 続きを読む ]

    13+
    • マシャ命 さんが1か月 2週前に返信

      待夢さんステキです!とてもカッコいいです!
      私は心も気持ちも弱っちぃので、とてもそう考えることは中々難しいですが、
      こんな私でも、ガンを宣告されたとき、1つだけ良かったと思ったことがあります!
      それは…
      私の宝物の子供たちじゃ無かったことです。

      9+
      • 待夢 さんが1か月 2週前に返信

        私は小さな頃から持病の腸捻転などで
        いつも死が隣り合わせになっていたので
        死への恐怖が少ないのかもしれません。
         
        それなので他の方の参考にはならないかなと思います。
        私も究極のわがままを言えば、
        家族の悲しみを経験することなく
        自分が一番先に逝けることが幸せに思ってます(^^)

        1+
    • なよっち さんが1か月 2週前に返信

      いつもながら待夢さんの考え方や感じ方に羨ましく、ある意味教祖さまの域に達しているような気がします。
      私は、主人が癌になった事で失ってしまった事や我慢する事、そして今一番意識が向いている事はこれからの事です。
      待夢さんの投稿を見て、今の小さな幸せに目を向けて、今、主人と一緒にいる事が出来る❣️幸せを楽しみたいと思います。

      4+
    • キノシタ さんが1か月 2週前に返信

      がんになることで、人生で大切なものの基準が変わりますね。直腸がんと膵臓がんの二度のがんを経験したのですが、正直最初の直腸がんではその境地にはなれませんでした。
      膵臓がんは覚悟をしたので、地位や名誉には頓着しなくなりましたね。企業戦士は止めて、「あの人は良い人だね」と言われないように努めましたよ。

      5+
      • casron さんが1か月 2週前に返信

        「あの人は良い人だね」と言われないように努める、なるほどな~と思います。私もそんな人を目指したくなりました。
        キノシタさんは、最初の直腸がんの時にはその境地に至らず、膵癌の時は覚悟ができてその境地に至ったということなのですね。
        初めて癌に罹患し、しかもそれが膵癌だった、そうなるとなかなかその境地に至るのは難しいですよね。

        4+
  • 親友のお兄さんが、すい臓がんと確定されましたが、
    CTだけしかしていないらしくて
    1㎝?
    腹水あり。
    中規模病院で症例数(一桁)も少ないところなので
    専門病院に紹介してもらうようにと思うぐらいしか言えませんね。
    家族でないと詳しい情報は、得られないですし。
    他人は、非力です・・・
    お兄さんの気持ちを大事にしてと思うばかりです。

    7+
    • にっこう さんが1か月 3週前に返信

      それは言えますね。善かれと思っても違う方向に行ったり命が掛かって入れば尚更です。聞かれたら私は効したとか、こんな話を聞いたぐらいで難しいです。入院していた頃、親しくしていた70代近い人も毎日奥様、娘様が看病に来ていても医者は肝心な事は夜遅くなっても長男さんに話をしていました。人の命は重いです。しばらくして互いの健康を励まし逢い別れました。ただ祈る事しか出来ない私も非力な一人です。お互い健康に気を付けましょう。

      1+
      • ぴのこ さんが1か月 2週前に返信

        ここを紹介したいと思いますが、
        アナログだけしかなくて。
        患者と家族の会に行ければいいけどな。
        気持ちの余裕が、あるかどうか?

        1+
        • にっこう さんが1か月 2週前に返信

          人が人を思う気持ちとても大切ですね。
          和顔愛語、いつも穏やかな顔で相談を受ければ優しく丁寧に答える。気持ちに余裕が無い時は誤解、論争を招き易いですね。寄り添うことも気を使います。
          ぴのこ様のお人柄、私はよく判ります。身体は良くなりましたか、親友との距離感大切にしてください。

          0
  • 明日は、診察なのですが、体調が、よくなりません。
    熱もなくですが、咳は出るのでやっぱり膵胆肝なので
    他の患者さんに迷惑だしやめとこう・・・

    3+
    • casron さんが1か月 3週前に返信

      ぴのこさんおはようございます。
      咳、つらいですね。
      でも遊びの場などでしたら咳がでるから中止するのはわかりますが、病院なので咳が出てても大丈夫だと思います。むしろ咳がでてるからこそ受診を、と思うのですが。
      どういう診察日なのかわからず書いてますので、なにか違ってたら申し訳ありません。
      お大事にしてくださいね。

      3+
      • ぴのこ さんが1か月 3週前に返信

        定期的な検察診察なので来週に予約入れなおしました。
        膵胆肝の患者さんばかりだし
        私は、緊急性もないのでパスしました。
        近医でお薬もらいました。
        ありがとうございます^^

        1+
        • casron さんが1か月 3週前に返信

          そうでしたか。
          でも心配ですね。
          近医では、採血などもしてもらえるのでしょうか。
          風邪、と自己判断せずに、本来通院している大学病院を受診して採血などの検査をしてもらい判断してもらったほうがよいかと思います。

          1+
        • casron さんが1か月 3週前に返信

          それから熱がないのも解熱剤を飲んでいれば下がるのは当然で、かえって原因を隠してしまっているので心配です。

          1+
      • ぴのこ さんが1か月 3週前に返信

        ご心配おかけしています^^;
        術後11年目です。私は、来週診察に行くので大学病院に予約入れています。
        のんびりしてるのですみません。

        0
        • casron さんが1か月 3週前に返信

          11年前に手術されたのですね。
          お大事になさってくださいね。

          0
    • にっこう さんが1か月 3週前に返信

      先日の講演会でクーラが効きすぎ、寒かったようにララ様が言っていて、ぴのこ様も咳と微熱で近所で診察行ったようで心配していました。マスクをして病院で原因を看てもらってください。御身体大切にしてください。夏風邪が流行っていますから。

      3+
      • ぴのこ さんが1か月 3週前に返信

        向いが、内科も整形、泌尿器科とありますから
        すぐにいけます。
        大学病院は、風邪でいかないです。来週にしました^^
        緊急性があればべつですけど。
        年のせいかなかなか良くならないです・・・

        2+
    • キノシタ さんが1か月 3週前に返信

      季節の変わり目は体調を崩しがちですね。我が娘も微熱と咳が出て、三日会社を休みました。
      風邪なら喰って寝てれば良いですが、心配なら早めの受診がよろしいかと思います。

      2+
      • ぴのこ さんが1か月 3週前に返信

        熱は、薬も飲んでいるのでないですが、
        倦怠感が、ぬけません。
        食欲はあるのでまだ大丈夫かなあと。
        近医受診は、2回しています。

        1+
  • 修子 が更新を投稿 2019年7月24日 7:25 PM

    18日ペットCT検査、23日結果説明、結論は再発とは、はっきり確認できなかったのですが怪しいといゆう判断です。   のでTS-1をやめてアブラキサン+ゲムシタビンの点滴処方に変更です(30日から)当面の間一週目に点滴、翌週は休み  とゆう2週  1サイクルを繰り返します。
    少しビビッていますが、まあ何とかなるさ、と楽観視しています。
    最近  女房が[じじばばのるつぼ] とのタイトルの本を買ってきました。これが面白い、是非お勧めの一冊です。
    PS  なんで抗がん剤はみんな読みずらい、覚えずらい  名称なんですかね?

    3+
    • にっこう さんが1か月 3週前に返信

      怪しいときは先手を打って水際作戦で叩きましょう。後日疑いが消えれば良いですね。心の友は油木さん(アブラキサン)と言っていました。読みづらい方が有り難味が有るのでは。免疫を上げて耐えてください、回復お祈りします。

      0
    • キノシタ さんが1か月 3週前に返信

      抗がん剤には一般名と商品名があって、なおさらわかりにくさに拍車がかかっていますね。
      薬品名がすらすらと出てくるようになれば、患者としては一人前で、それまで長生きしましょう。

      1+
  • もっと読み込む