アクティビティ

  • アキラ が更新を投稿 2019年12月15日 12:08 AM

    なぜすい臓がんの治療は難しいのか? 
    医師の視点

    赤丸をつけたのがすい臓がんです。
    他のがんと比べても飛び抜けて悪いのがわかります。

    さて、「治療は難しい」とはどういうことでしょうか。
    具体的には、「早期に発見することが難しく、
    治療があまり効かず、
    治療後も再発が多い」という意味です。

    以上をまとめると、すい臓がんは早期に発見せねば
    かなり厳しく、早期に発見できても治療が難しい
    がんであると言えます。
    がんというものは、種類によって大きく性質が異なります。
    放っておいても数年は命を取られないがんから、
    早期でもとてもタチの悪いものまでさまざまあるのです。

    ======

    アキラ ~ より

    私はありとあらゆる日本の医学論文を
    調べましたが、本当のすい臓がんの原因は
    どうも・・・分かっていないようです。

    しかし、無数にある海外の医学論文の中から
    大変重要なヒントになる秀逸な医学論文を見つけました。
    すい臓がんの真犯人は、ほぼ判明しました。

    ガンに限らず、どんな病気にしろ
    真の原因が分からなければ治せないと
    思うのは私だけでしようか?

    皆さんは、どのように思われますか?

    1+
    • 運営管理者 さんが2か月 2週前に返信

      アキラさんの先の投稿「家族の健康を護る医学大全集 ~ 永久保存版」は管理者権限で削除しました。
      理由は、リンク先に不適切な内容、PanCafeがガン利権マフィアと関わっているかのような文言があったためです。
       
      今後は「投稿ガイドライン」と「利用規約」に則った投稿をお願いします。特に標準治療以外の治療法に触れる場合は慎重な書き方でお願いします。

      9+