アクティビティ

  • あぶさん が更新を投稿 2020年3月25日 8:21 AM

    2018年8月お盆に健康診断を受けたところ月末に血糖値が以上に高いと結果が出ました。いままで血糖値も含めて超健康体でたばこや酒も15年ぐらいやめてました。身長171cm体重は83kgとメタボ気味でしたが、。仕事は土木関係の施工管理で肉体労働ではないけれど、一日10000歩から20000歩ほど歩く仕事だったので健康には自信がありました。
    9月の10日から入院してくださいと糖尿腎臓内科の先生に言われて、「母が60でがんで亡くなっているので癌ではないかと思っています」と伝えたところ入院までにそちらの検査もしてくれ、「膵臓がんの疑いがあります、入院中に精密検査をしましょう」結果すい臓がんⅠbで手術することに「早く見つかってよかったね」と言われホッとしていたら、黄疸が発症し手術が先延ばしになり、胆のうにステントを入れて出てきた胆汁を飲むというえらい目にあいました。結果手術も10月26日と1ッか月以上先送りになり、癌も3cmほどに大きくなりリンパに広がっていましたので、術後抗がん剤TS-1を4か月ほど、PET検査で肝臓転移膵臓も光ってるという事で抗がん剤FOLFILINOXに、しかしCEA、CA19-9は急上昇したので、画像診断の結果アブラキサンとジェムシタビンにかわりました。今のところ少しずつ下がってきてはいます.

    • にっこう さんが2日 23時間前に返信

      このままマーカー値が下がり、抗がん剤治療の効果が発揮
      されますようにお祈りします、
      膵臓癌に食事療法、運動療法のエビデンスは有りませんが
      血液検査が正常値の許容範囲に入るように努めることは
      免疫力を高める事と思います、焦らず、諦めず、粘り強く
      生き抜いてくださいね、共に頑張りましょう、

      0